1歳、2歳の子育てでイライラするならこの解消法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもも1歳こ ろになってくると、
よちよち歩いて、興味のあるものに突っ込んでいく頃になってきます。

よくちびっこギャングとか、
リトルモンスターなんて呼ぶこともありますが、まさにその通りです。

スポンサードリンク

天使の笑顔にだまされない

まだ、「あぶあぶ」とか言いながら寝返りをしたら大喜びして、「あー」っと声をだせば、周りをよろこばせ、
つかまり立をしたら、
「上手、上手」
と褒められた0歳のころと違って、よちよち歩きだすと、目についたものがあれば手に取りに行くようになります。

ティッシュペーパーをパーッとばらまいたり、トイレのお水をパシャパシャしたり、
台所の包丁を持ち出したこともあり、絶句するようなことを天使の笑顔でやってくれます。

この頃には、なんでも

「よくできました。」「えらいね」

なんてほめてもらえることも減ってきますし、内容によっては、おもわず、しかってしまいます。

私もよくしかりました。イライラしてというよりは、おどろいてしかって、
おもったこと以外の行動にでられて、どうしたらよいのかわからなくて、イライラすることが多々ありました。

子育ての時に、子どもが天使だから、親も天使になれなんて絶対むりです。

だから、イライラしてもいいと思います。

イライラする自分を責めることがありません。ただ、イライラをこどもにぶつけるのは我慢しましょう。

このころになると、親の顔色が0歳のときよりはっきり理解が始まります。

イライラしたら深呼吸しましょう。

昼間、怒りすぎると夜泣きの原因になると言われているように、子どもは、昼間の親の怖い顔を覚えてしまうんです。

イライラする原因を作らない

やってほしくないことをされるとイライラしてしまいます。

そこでまずは予防です。

触られて困るところはすべて片付けてしまいましょう。

子どもの目線で、家の中を見回してください。

子どもが興味を示すものが意外と沢山あることに気が付きます。

子どものいたずらは、好奇心、知識欲です。そのチャンスをイライラでつぶすのはもったいないです。

自分がされていやだからイライラするのだと思うので、
子育てだけに関していうなら、イライラする前に、イライラの原因をつくるであろうものを片付けてしまいます。

掃除が済んだところで、ごみ箱をぶちまけられてまた掃除なんてことがなくなります。

それでもイライラしたら、寝顔を思い出しましょう。寝顔はかわいいですよね。
ちょっとした工夫とイライラの原因を取り除くことで、子育てが少し楽になりますよ。

イライラの原因が旦那さんの場合、取り除けないかな。

2歳はさらにパワーアップ

子どもも2歳になると、自我が強くなってきますし、1歳のときよりもパワーアップしてきます。

口も達者になってきて、特に女の子はおしゃべりがすごいことになることがあります。

うっかりすると、普段親が話していることをよその人に、
ぺちゃくちゃとおしゃべりして、真っ青になったり、真っ赤になったりすることもあります。

善悪の区別がつき始めるのもこのころです。

しかりたくないけど、心を鬼にしてしかると、逆切れのごとく泣き出して…修羅場(しゅらば)になります。

しかし負けてはいけません。ダメなものはダメと泣こうがわめこうが、強気でいきましょう。

ただ漠然とダメとしかっても子どもはなぜダメなのか、
なぜしかられているのか納得しなくなる年頃になってきています。

きちんとなにがダメなのか、どうして親がしかっているのか、大きな子どもに話すように話してあげましょう。

最初は理解しませんが、時間をかけて根気よく話すことで、
子どもはなんでも吸収しますから、しかられたことを繰り返さなくなります。

その根気がいるときに、どうしてもイライラしがちになるのはしかたがないことです。

大人なら

「一度言ったらわかるでしょう。」

の部分が、相手が子どもなのでどうしても繰り返してしまうのです。

赤ちゃんの時は大人の言うことを理解してくれなくて、
イライラして、2歳くらいになると今度は、そろそろ自立してほしくてイライラします。

親の勝手でイライラしているのですが、イライラするものはしかたないですよね。

この時期のイライラは抑え込むしかありません。

うっかりして真似されたりするのも困りますし。そこで、子どもが寝静まってから、イライラの解消法です。

おおきなぬいぐるみをぶんぶんふりまわしたり、投げ飛ばしたりしてみましょう。

なぜかすっきりします。某アニメでもよく似たシーンがありましたが、実は効果があるんですよね。

私も子どもが寝しずまってから、ひっそりとクマのぬいぐるみとじゃれていました。

まとめ

イライラしたら、笑顔でぬいぐるみをぶっとばしましょう。
ただ、子どもの前では控えましょうね。子どもが外で真似をしてしまします。

1歳から2歳の幼いこどもは親のカガミです。そっくり真似をしようとします。
イライラしても楽しいことを考えて、気持ちを切り替えてくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする