赤ちゃんが発熱!その時の対処方法は?家庭でできることは何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの発熱は子育てしているとしばしば起こります。

子育てしていると必ず、お子さんや赤ちゃんの発熱などの体調不良は経験するものです。

そんな中で私なりの熱を出した時の対処方法をご紹介します。

病院などには連れて行ったとしても、家での対処方法が分からない…
どれが正解なの?と悩むことはないでしょうか?

私も二人の子の子育て真っ最中ですが、一年に何度も熱をだしたり感染症にかかったりと様々な経験を親として積ませてもらって来ました。

簡単なことも多いかもしれませんが、覚えておくと的確に対処できますので慌てなくて済みます。

ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

熱は何度まで平熱なの?

赤ちゃんは大人より体温が高いものです。

普段から平熱を知るために体調のいい時を見計らって何度か計測してみましょう。

36度~37度までは許容範囲ですので、他の症状がなければ37度前半までは慌てなくて大丈夫です。
37度後半から38度 39度となってくると発熱ですので様子を見て病院に連れて行ってあげるといいでしょう。

年齢が上がってくればそんなに頻回に病院へ連れて行かなくても大丈夫になってくるのですが、赤ちゃんの時期は38・39度となると少し心配ですから、病院へ聞いてみましょう。

赤ちゃんは気温によっても体温が左右されやすいので、冬は少し体温が低く夏は体温も高めになる傾向があります。

37度前半で外気温が高い時は、まず汗をかいていないか・服装が厚くはないかを確認してあげるといいでしょう。

熱のほかに症状があれば間違いなく風邪や感染症が疑われますので、病院に連れて行ってあげましょう。

熱が高くて夜が心配…どうしよう

熱が高くなると赤ちゃんの機嫌も悪く、夜はぐったり…する場合もあります。

病院に行って解熱剤をもらっている方は38度を超え、ぐったりしている 元気がない場合にのみ解熱剤を使用してあげてください。

解熱剤は使用用途や使用方法をきちんと医師か看護師 または薬剤師にご確認の上、使用してください。

熱は体からウイルスや菌をやっつけるための体の反応ですので、あまり解熱剤を使用しすぎると良くありません。

長引いてしまう事もあるので、何度も使用せずに元気がない時などに限定してくださいね。

夜寝るときは、夜中に何度か様子を見てあげましょう。

汗を沢山かいているときは着替えさせてあげたり、のどが渇くと思うので水分補給をさせてあげたりしましょう。

水分は月齢によって違うかもしれませんが経口補水液などが最近は売っていますのでそれでもいいですし、麦茶やミルクでもいいです。

熱が高いのが続くと脱水になる事もありますので水分は多めに取らせてあげましょう。

夜中に泣いて眠れない…とかであれば、お母さんも眠いでしょうが付き合ってあげるほかありません。

中耳炎などは熱も出ますが耳も痛いので、夜に泣いてしまう事があります。

そんな時は冷やしてあげましょう。

鼻水や咳を併発していれば、症状が和らぐように鼻を吸ってあげるとか

枕を高くしてあげるとか、湿度の調整をするなどで対処してあげてください。

氷枕や熱さまシートは?

赤ちゃんには氷枕はおススメしません。

低温やけどになってしまう事もありますし、頭ばかり冷やしても意味がありません。

熱さまシートは貼らせてくれるお子さんもいますが、取ってしまうお子さんも多いです。

もし貼らせてくれるようであれば、キンキンに冷やしたものでなくて常温よりやや冷たいものにしましょう。
おでこに貼るのもいいですが、すぐに剥いでしまいますので首の後ろや脇の下に貼ってあげるほうがいいと思いますよ。

氷枕や熱さまシートは大人になると気持ちいい~!と思うのですが
赤ちゃんの内はあまり気持ちよくないようですから、剥がしてしまったり氷枕をよけて眠ったりしています。

クーリングは脇の下か首の裏がいいかと思いますので試してみてください。

下がらない熱…緊急時は?

病院へ行っても下がらない熱…の場合はもう一度病院に行くか別の病院に行きましょう。

赤ちゃんの内は小児科だと思いますが、セカンドオピニオンで別の病院へ行くのは一つの手です。

総合病院に行ってみましょう。
何日も高熱が続くと赤ちゃんの内は体力もないのでよくありません。
点滴を打ったり、入院になる場合もあります。
様子をよく見て、ぐったりしているのも続くようであれば病院に行ってみてください。

夜間や昼間に自宅にいるときなどで熱性けいれんを起こした時は病院に電話して指示に従ってください。

焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて症状や時間を伝えるようにしてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの内は高熱を出すことはあまりありませんので、高熱の時はすぐに病院に行ってみてください。

自宅ではクーリングや良く休める環境を作ってあげましょう。

食欲がない時は頻回に授乳をするなど少しの量を回数多くとれるようにするなど工夫をしてあげてくださいね。

お母さんが様子を見ていて、明らかにおかしいことやけいれんを起こしてしまったときは

急いで病院に電話して指示に従ってくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています