Your SEO optimized title

赤ちゃんを育てながらの妊娠!辛い時期を乗り越えるコツとは!?

年子での妊娠は、赤ちゃんを育てながらの妊娠になります。
私も体験しましたが、予想以上に大変でした。
体に負担をかけないようにしたいのですが、赤ちゃんのお世話もしなくてはいけないので
そんなにうまくいきません。
抱っこしたり、おんぶしたり。夜泣きがあったりすればまともに寝れず、つわりがあっても休んでばかりはいられません。
本当に大変です。
今回はそんな時期を少しでも乗り越えるお手伝いができればいいなと思い
私の経験に基づいてお話ししたいと思います。

つわりがあっても休めない…助けて!

つわりの重さは人によって様々ですが、重い人は本当に大変です。
私は一人目の時は軽かったのですが、二人目は本当につわりが重くずっと横になっていたい気持ちがありました。
かといって上の子のお世話もあり、休んでばかりいられなかったので
友人に相談したところ「漢方は試した?」と聞かれました
調べてみると漢方は妊娠中に飲んでも問題がないものもあり、特につわり用の漢方があるということで試してみました。

漢方は 粉末 茶葉 錠剤があって
錠剤は高かった記憶があります。
茶葉は味がかなり残るので断念して…粉末を飲んでいました。
病院で処方してくれる場合もありますが、私の通っていた病院では処方してくれなかったため、近くの漢方屋さんで調合してもらいました。
これが私には大当たりで、4日ほどで体調もだいぶ良くなりました。
ですが、あまり効果のない人もいるようです。
私はすぐ良くなったので、その後は体調面では問題なく育児しながらの妊娠でしたが、効果のない人は本当に無理をしないようにし生活する以外にないかと思います。
ご実家が近かったりすれば、お願いして頼ってもいいかもしれませんし
一時保育や家事手伝いサービスを利用するのもおススメです。
妊娠中は初期 後期に関わらずどうしても体調がすぐれないこともあるかと思いますので、ゆっくりしながら育児できる環境があるといいですね。

辛い時は手を借りよう!

先ほども少しだけ紹介しましたが、今は妊婦さんやお母さんを助けてくれる
色々なサービスがあります。
宅配食であったり、家事代行サービスや一時保育。
ベビーシッターさんもお願いできます。
市役所などに問い合わせれば市で行っているサービスなども利用できますし
かなり助かるかもしれません。
旦那さんやご実家などにもお願いして、辛い時はそういったサービスを利用してみるのもいいかもしれません。
中期 後期になってくると順調でも動ける範囲は少なくなりますし
無理をすれば入院などにもなってしまいます。
そうなれば入院費もかかるし、上のお子さんの世話なども家族中で協力しないといけません。
お母さん自身も入院しては上の子が心配になりますし、寂しい思いもあるでしょう。
なのでそうなってしまう前に、順調に経過を過ごせるように
早いうちから無理をせず休むことも必要ですよ。

入院前にしておきたいこと

いよいよ出産!となった時に慌てることのないよう、予定日が近くなったらいろいろ準備しておきたいですよね。
お母さんがいない間の上の子のお世話用品や服などはあらかじめ分かりやすいところに移しておいたほうがいいですし、
離乳食を食べているようであれば作り置きにして冷凍しておくのがいいと思います。

旦那さんのご飯も作り置きできるものは作っておくと、旦那さんの負担も少なくて済みますし助かる事と思います。
メモで作り方やしまってある場所などを書いて残しておくことも大事ですし
自分の入院グッズは必ず用意しておきましょう。

赤ちゃんのために新生児用品や、赤ちゃんの為のスペースを用意してから出かけることもやっておくといいでしょう。
ですが、お腹が大きくなってくると大変なので旦那さんに手伝ってもらったりして
無理のないようにやってくださいね。
入院中は赤ちゃんのお世話で大変でしょうから、上の子は預かっておいてもらって
退院したら逆に、上の子との時間を設けてあげることも忘れないでくださいね。

まとめ

赤ちゃんを抱えながらの妊娠は予想以上に大変です。
ですがまだまだ上の子も赤ちゃんなのでお昼寝の時間があったりすると思います。
そんな時は一緒にお昼寝したりとゆっくり過ごすこともとても大事です。

妊娠中は体調の変化でイライラしたりすることもあると思いますが、上の子もまだまだ赤ちゃん。甘えさせてあげたりスキンシップはとても大事なことです。
赤ちゃんが来ると上の子は「独り占めしたい」という願いがなかなか叶わなくなってしまうものです。
「今しかできないこと」と考えてあげてくださいね。

妊娠中はとてもデリケートなのでくれぐれも無茶をしないようにして、素敵な出産。
ひいては素敵なマタニティーライフがおくれるといいですね。
赤ちゃんのかわいさは本当に素晴らしいものなので、きっとみんなを笑顔にしてくれます。
上の子にも兄弟が生まれるんだよ。と教えてあげて、家族みんなで赤ちゃんを迎えられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です