秋はイベントで楽しいことがいっぱい!なぜ「紅葉狩り」と言うの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋は心地よい季節です。

心地よい季節は外に出る楽しみがたくさんあります。
そして、冬が近づいてくる秋の後半には、冬支度も大事になってきます。

今回は秋に何をして過ごそうかなとワクワクしているみなさんに、秋の楽しみ方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

秋の服装について教えて!

この時期、町行く人たちの服装も秋の装いに変わっていきませんか?
色や素材も夏のものとは違ってきています。

例えば、綿のパーカ、シャツにベストを合わせたり、ジャケットを羽織ったり、靴下もハイソックス。
薄手ならばセーターもアリ!のシーズンですね。

今年の秋の流行色って何色だかご存知ですか?
と言っても毎年シーズンごとにたくさんの色が発表されるので、どの色が今年の流行色だったのか分かりづらい気はしますが。

わたしがお勧めする今年の流行色はグリーン。
特にモスグリーンがお勧めです。

チェック柄やお花柄との相性もいいので是非取り入れてみてください。
その他、今年の秋の流行色に定番のネイビーや、聞きなれない色の名前ですがグレイッシュカラー
(昨年はパステルカラーが流行りましたが、今年はこの灰色がかった色グレイッシュカラーが流行るみたいです)、
そしてマスタードイエロー、チョコレートブラウン、レッド。

最後はこっくりピンク。

なんだそれ?って感じですが、今年の秋はピンクの中でもこっくり(?)濃い色がお勧めみたいです。

秋と言えば…。秋は紅葉狩り!さて紅葉狩りとは?

「〇〇狩り」と言えば果物を連想しますが、いちご狩りやぶどう狩りのように、紅葉狩りというのは紅葉を収穫するの?そんな誤解をしている方はいないと思いますが、そもそも紅葉狩りとはどういう意味なのでしょうか?

もともと「狩り」とは獣を捕まれる意味で使われていました、しかしのちに「小動物・野鳥」などを捕るという意味に広がり、「果物」を採ると言った意味にもなり、さらに「草花」を眺めたりする意味に使われるようになったそうです。また昔の狩りをしない貴族があらわれはじめると、「自然を愛(め)でること」を狩りに例えていたという説もあります。

この素晴らしい秋に、美しく色づいた木々を見に出かけるのもとても素敵な時間の過ごし方ではないでしょうか?

皆さんは落ち葉を見ただけで、木の名前はわかりますか?
秋にみかける葉と言えば、カツラ、イチョウ、トウカエデ、ナンキンハゼ、カエデ、コシアブラなどなど。

秋を探しに紅葉狩りに出掛けてみませんか?

秋と言えば食欲の秋!秋の旬の食べ物は?秋に収穫できるものについて教えて?

秋に何を食べようかな?

秋の旬なお野菜、魚、果物ってがどんどんスーパーに並んできましたね。
夏の疲れをとるためにも、栄養がいっぱいある食材をとるのが一番です。
旬の時期に旬のものを食べるって本当に贅沢ですよね。

この時期はサンマ、マツタケ、栗、カボチャ、サツマイモ、銀杏、柿、梨、葡萄。そして、月見バーガー。
ん?この時期になるとどうしても食べたくなるという友達がいまして、ちょっと紹介してみました。

そして、秋の収穫と言えばキノコ狩りや芋ほり、栗拾いやブドウ狩り。
他にも梨もぎ、ハゼ釣り、桃狩りなど秋には楽しい収穫がいっぱいあります。

秋にすることとは?「のち(後)の衣替え」って?

10月1日は秋の衣替えの時期です。
現在の衣替えは大体6月1日と10月1日の年2回という場合が多いようです。

もちろん、全国で一律というわけではありません。
北海道から沖縄まで、時期は多少前後します。

10月1日の衣替えは、夏の衣替えと区別して「のち(後)の衣替え」と言います。
この時期は暑かった夏にたくさん着た洋服は洗濯し、糊付けし、アイロンをかけ、虫干しをして、
種類によってはドライクリーニングなど手入れしてからしまい、秋から着る服を出す時期です。

皆さんは準備万端ですか?来年もまた気持ちよく着られるようにのちの衣替えをされてみませんか?

ちなみに、虫干しというのは、空気の乾燥した時期に大切なものを干して風を通すという意味です。
虫干しは基本的に陰干しになります。

秋にすること「冬支度」って何をするの?雪吊りって何?

わたしには経験がありませんが、雪の多い地方では雪の重みで木の枝が折れないように縄を使って木の枝を吊っておく「雪吊り」というものがあります。実際に枝を雪の重さから守る役目と見た目の飾りも兼ねているというから驚きです。寒い地方に行くと色々な雪吊りが見られて面白いみたいですよ。

冬支度に「薪割り」?!

そして、最近はなかなか目にすることはありませんが昔は冬支度にかかせなかった「薪割り」というものがあります。

昔は薪が大切な燃料でした。
実はわたし、死ぬ前に薪割り体験をしてみたいのです。
良いストレス解消になりそうなのと、薪割りが楽しそうで。
ズバンっと一発、思いっきり切れたら気分も良さそうです。

~薪の割方~

薪割りはまず、狙いを定めて斧を振りかぶり、一息にかち割るのだそうです。
ちょっと恐ろしいですね。
細いのは斧の先をちょっと食い込ませておいてから割ります。
出来上がった薪はきちんと束ねて置いておきます。

秋の楽しみ方はまだまだあります!!

秋は気温も下がり、日照時間も短くなります。
季節の移り変わりで心にも変化が生じ、センチメンタルになったり人恋しく孤独を感じやすくなったりします。
秋は悲しみの感情がでやすい季節なのです。
そんなお話をすると少し憂鬱な気分になっちゃいますね。

しかしこのように心に変化が生まれるのは四季の中で生きられる私たちにとってはごく自然なことです。
そんな季節を自分なりにどう乗り切り楽しむのか。
それはもう日本の秋を楽しむしかありません。

今年の秋はどっぷり日本の秋を満喫し、今までとは違った秋にしてみませんか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする