台風24号25号2018たまご 米軍台風情報 JTWCの読み方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本文上
米軍 台風進路予想図の読み方

台風24号が勢力を増しながら日本列島縦断の予想が出ています。
米軍の台風進路予想図を一般の人も見ることができます。英語表記ですがその見方、読み方が分かれば簡単です。米軍の台風レーダーをアプリで見ることも今はできます。

米軍の台風予想進路の情報なのでデータの信憑性があります。
気象庁の台風情報と合わせながら必要な情報を取捨選択することで早めの対応ができますよ。

スポンサードリンク

米軍の台風情報の見方、読み方

米軍の台風情報はハワイにある合同台風警報センター(JTWC)の情報を見ることになります。
米軍台風情報(JTWC)のサイト

米軍 台風情報の読み方画面

出典:JTWC

画面の赤い線の部分をクリックすると、米軍の持っている台風情報の中で日本に関係している部分を見ることができます。

複数の台風情報があるので今回は台風24号ですがW28の情報を見るようにします。
日本の台風〇号と米軍のW〇は同じ数字ではないので気をつけてください。

既に25号(W30)の発生情報もあります。

米軍 台風 28号の進路

出典:JTWC

赤で囲った場所が台風の勢力や進行スピード、進行方向などの情報になります。

台風の予想進度図を簡単に見ることができます。
黒丸が台風が進行してきたところ。

台風マークはこの先5日間の風速17.2m/s(34kt)以上の暴風域の予想範囲図が示されています。

この先の台風が大きくなっているのは、勢力が大きくなると言うことではなくこの中に台風が入っているだろうという予想範囲を示しています。

数字の29/12z や30/00Zというのは29日12時の予想位置、30日00時の予想位置と読みます。

時間は24時間表記になります。

一つ注意しなければいけない事はアメリカ時間で表記されているので時差の9時間を足して日本時間に換算して台風の中心位置を読んで下さい。

米軍 台風情報の読み方

出典:JTWC

①TYPHOON  28W(TRAMI) WARNING #34
TYPHOON  28W(TRAMI)・・・台風24号 アジアの台風名はチャーミー
WARNING #34・・・台風24号の情報は34回目

②WTPN31 PGTW 290300

③290000Z POSIT:NEAR 25.4N  126.8E
29日0分現在 北緯25度4分 東緯126度8分に台風が位置している

④MOVING 360 DEGREES TRUE AT 08 KNOTS
台風は北に速度8ノットで進行しています。
MOVING 360ですが、方位を表しています。北が360で時計回りに1度ずつ大きくなってます。
東が90、南が180、西が270です。

例えばMOVING 60であれば360(北)と90(東)の間なので北東になります。

1ノットは1時間に1海里(1852メートル)進む速さになります。
1ノットは時速だと1,852km/h。
ノットに約0,5144をかけると秒速/mになります。
今回は8ノットなので8×0,5144=約4,12mになります。

台風は1秒間に4,12m進むと言うことになります。

時速にしても14.82km/hなのでかなり進度はゆっくりな台風と言うことです。

⑤MAXIMUM SIGNIFICANT WAVE HEIGHT:43 FEET
波の高さは最大43フィート
1フィートは30.48cmなので30.48×43をすると43フィートは約13.1mと言うことになります。
⑥29/00Z , WINDS 090 KTS, GUSTS TO 110 KTS
29日現在 最大風速は90ノット 最大瞬間風速は110ノット

台風の米軍予想進路図が見られない

人によっては米軍の台風予想進路図が見られないと言う場合もあるようですが、ブックマークをしている人に多いです。理由は頻繁にURLが変更されるからです。
最初に米軍の台風情報のサイトのリンクを貼ってあるのでそこから入ってください。

米軍台風レーダーのアプリ

台風レーダーで5日先までアプリで見ることができます。
パソコンだと英語表記ですが、スマホのアプリは日本語表記で見ることができます。
アプリ名は「Typhoon! Radar」です。
嬉しいことにダウンロードは無料になります。.
無料である分、広告が表示されますが大きな問題ではありません。

風速が数字だけでなく色で視覚的にもわかりやすくなっています。
風速や進路スピードがマイルではなく、日本人になじみのメートルであるのも嬉しいです。
対応OSが現在はAndroidになります。ios版は近日できるそうです。
アプリ検索で「Typhoon! Radar」で簡単に見つけることができます。

まとめ

今回紹介した米軍 台風進路情報は細かい英語表記であったり、ノットやフィートで日本人にはわかりにくいところがありますが、進度がイラストで見て分かります。

地球温暖化の影響か今年は日本に上陸している台風の数が異常に多くなっています。
それだけでなく、勢力が大きい台風の上陸も多くなっています。
気象庁の台風進路予想図と合わせて、今回紹介した米軍の台風予想進路図を参考に防災してください。
早めの対応が大事になっています。

台風のたまご を知れば台風博士になれる?

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする