Your SEO optimized title

断捨離で子供部屋のおもちゃをスッキリ収納!断捨離するコツとは?

子ども部屋って散らかりますよね…

だんだんと片付けるのも嫌になってしまいますよね。

「片付けなさい!」

と口を酸っぱくしていうのも疲れてしまいますし…

なんとか自分で進んで片付けてくれる様にならないかしら?

と頭を悩ませますよね。

断捨離して、子供部屋をスッキリさせる方法を紹介します。

物がありすぎるのはダメ!

部屋が散らかってしまう理由の1つに、物が多すぎるというのがあります。

ほぼこれが原因と言っても過言ではないでしょう。

私も以前はそうでしたが、なかなか物が捨てられずに収納スペースもいっぱいになり…
なんとか部屋に押し込んである状態でした。

まだ子どもを産むかもしれない…と思って子ども達に小さい頃に使っていたオモチャや服も捨てられずにいました。
ですがこの状態ではほぼ、片付きません。

部屋のスペースよりも物が多くなってしまうからです。

よく、片付いているお宅に行くと物がなくてスッキリした印象を受けますよね。

まずは断捨離しましょう

お友達の中に出産予定がある場合は、お下がりとしてプレゼントするのもいいですし
リサイクルショップやフリーマーケットに出すのもいいです。

金額が少なくてガッカリするかもしれませんが、
売る前のコツとして少しでも綺麗な状態にしましょう。
洗濯したり、おもちゃは汚れを落とします。

少しでも査定が良くなる様に、綺麗にしてから持っていきましょう。

よく、断捨離のコツとして何ヶ月 何年も使っていないものは使わないので捨てましょう。

とありますが、これはお子さんがまた生まれた時に使うかもしれない…と思うはずです。

ですが、本当に思い入れのあるものや綺麗なもの 使用頻度が高かったものは取っておいて
それ以外のものはバッサリと捨ててしまいましょう。

何故なら衣服は新しいお子さんが生まれたら絶対に買い直すからです。

 

新しいものを全く買わない事はほぼ無いですし、買ってあげたくなるのが親心です。

絶対に買わない!と思うのであれば取っておいてもいいですが、
そうでない場合は1シーズン毎に5〜10着もあればいいと思います。

靴や鞄や帽子は綺麗なものだけ取っておきましょう。

防寒着や買うと高い様なものについては必要であれば取っておいて下さい。

 

オモチャは、子どもさんが使わなくなったものは処分してしまいましょう。

赤ちゃんの時期に使うものだけをセレクトして取っておけばいいでしょう。

戦隊物などはブームもありますし、毎年変わりますので処分しましょう。

 

片付かない!と思う時は部屋にあるものの半分程度、5割を処分する事を目安に頑張りましょう!
難しいと感じるかもしれませんが、やってみると意外に簡単です。

収納家具も少なすぎると不便ですが多すぎると邪魔になります。

家具もなるべく少ない方がお部屋もスッキリしますので是非頑張って試してみて下さい。

片付けやすい工夫をしよう!

物がスッキリしたら今度は片付けやすい様にレイアウトしましょう。

お子さんの目線で片付けやすい様に工夫をしてあげればいいと思います。

我が家ではカラーボックスを横向きに置いたり、本棚も子どもの高さで整理できる様なものを選びました。

ミニカーなどは今流行りのDIYでパパに作ってもらいました。

大きい車のオモチャも飾る様にしまって置けるので喜んで片付けてくれます。

 

検索してみると沢山のDIYの記事がヒットすると思うので参考にしてみましょう。

おままごとキッチンも我が家では手作りでしたが、
収納スペースにもなる様に戸棚をたくさんつけましたのでスッキリします。

お子さんに勉強机などを置いている家庭もあるかと思いますが、勉強机ってなかなか使いこなせない場合もあります。

あるだけ…とになってしまう場合もありますし、使わない場合もあるかと思います。

 

ベットなども同様で、使わない家具はなるべくコンパクトなものに買い換えるか、処分してしまいましょう。

勉強机をDIYする家庭もある様ですがシンプルで使い勝手がいいものも多いです。

お子さんにあったレイアウトは大事です。

大人目線では良くても、お子さんからすると片付けにくい場合もあるので注意してやってみて下さい。

まとめ

片付けはまず捨てることから始まると思って下さい。

今いらないものを処分することからスタートします。

お子さんにも手伝ってもらい、何ヶ月も使っていないオモチャは売って綺麗な部屋にしようね。
と声をかけてあげることが大事です。

私のオススメはフリーマーケットで処分することです。

お子さんにも一緒に行ってもらって、
お店やさんごっこの様な形でやってあげれば、お金の大切さや物の大切さが伝わるいい機会になると思います。

オモチャの片付けは、なるべくならお子さんの自主性でやってもらいたいので
お部屋のレイアウトを決める時点から相談しながらやっていくのもいいかもしれません。

スッキリしたお部屋であればお友達を呼ぶ機会も増えますし、オモチャをなくすことも少なくなります。

ぜひ実践してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です