ダイエットで朝食抜くのと口臭が関係あるって本当?でスメルハラスメントしているかも?

スポンサードリンク

シェアする

自分ではなかなか自分の口臭に気がつけません。
あなたは知らない間にスメルハラスメントしているかも?
人を不快な気持ちにさせたくないですよね。今回は口臭について考えてみたいです。

スポンサードリンク

口臭の原因は一言で言うと細菌!

ニンニクを食べた後に息が臭いなどの
食べる物による外的な要因による口臭もありますが、
実は生理的な要因が80%なんです。
口の中の細菌が食べかすなどのタンパク質を分解し
増加することが口臭の元になっています。

なぜ夏は口臭がきつくなるの?

夏は体温調節のために沢山汗をかきます。
汗をかくことで、体の水分が減りますが
同じように口の中の唾液の量も減るため
1年の中で1番口臭がきつくなります。
唾液が減ることで口の中の臭いが強くなる傾向があります。

なぜ唾液が減ると口臭がきつくなる?

唾液にはいろいろな作用があり
特に口の中をきれいにする自浄作用とばい菌を増やさない抗菌作用があって
唾液がその2つの働きをすると口臭に対して効果的です。
夏は体の水分が減ったことで唾液も減り、口の中の細菌が増え
結果的に口臭がきつくなってしまいます。

ダイエットで朝食を抜くと口臭がきつくなる理由


ダイエット中なので朝食はコーヒーだけという人もいるかもしれませんが、
朝食を食べずにコーヒーだけ飲むと口臭は何と2倍になります。
それは空腹時には唾液の分泌が悪く
細菌が増殖して口臭が発生するからです。
食事を抜いて唾液が少ないところでコーヒーを飲むと
コーヒー豆の微粒子が舌に付着して
更に唾液の分泌を妨げます。
食事の後は食べかすでばい菌だらけのような気がしますが、
実は食事のあとの唾液が出ている時が口の中は1番清潔なんです。

口臭が酷い人に何と言ったら良いの?

口臭のある人に対して、なかなかアドバイスするのは難しいですよね。
直接は言えませんが、それとなく次のように言ってみてはどうでしょうか。

・相手の体調を話題にする

・相手の口臭を話題にする前に
「私の口 臭くない?」と問いかける

緊急時に口臭を消す2つの方法

歯磨きができなかったり、うがいができなかったりする場所で
緊急的に口臭を減らす方法があります。
唾液と口臭が大きく関係しているので
唾液を多く出すために次のことをやってみてください。
・上下の歯を素早く36回カチカチとかむ
・舌を右周りに12回転させたあと、
左回りに12回転させる

今回分かったことは、唾液と口臭が大きく関係していることです。
口臭がきつくなる夏だからこそ、特に唾液が出るようにすることが大事です。
体調から来る口臭の場合もあるので、長期的に改善しない場合は医療機関も利用しましょう。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

フォローする