子供の英語の発音が良くなるディズニー映画は2度見で楽しく英語学習

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本文上

不屈の名作がいっぱいのディズニー映画。

子供が大好きなディズニー映画も使い方によっては子供の英語の教材です。

子供の英語の発音が驚くほど上達するディズニー映画の使い方を紹介します。

スポンサードリンク

英語の発音が上達するにはちょっとしたコツがある

ピクサー映画も入れればかなりの数の映画が発売されています。

もちろんDVDレンタルも可能ですよね。

そして私が進めるディズニー映画のおすすめの観方が、二度見です。

子供は気に入ったDVDや気に入ったシーンなどは何度も見たりしませんか?

我が家もお気に入りのDVDは擦り切れるほど何度も見ていますが、
やはりディズニー映画は子供心に響くようです。

と、同時に大人にも響きますもんね。

子供に伝わるディズニー映画は日本語で観た後に英語で見返す。という形で我が家は観ています。

子供は大人よりも吸収力が高いので耳を鍛えてあげれば英語力が格段に伸びていきます。

大人よりも聞き取りが良かったり、あっという間にセリフを英語で言ったり、歌ったりするようになりますよ。

初めは何を言っているのかわからないからと、
英語を嫌がるそぶりもありましたが今では英語で見ても違和感がなくなってきたようです。

少しづつ英語が違う言語だけど、意味が同じものがあることはわかってきています。

夢は吹き替えなしで映画を見ることです!

ではオススメのディズニー映画を紹介していきますね。

アナと雪の女王などのプリンセス系はオススメ!

英語にも日本語同様、流行り言葉もありますし若者向きの言葉もあります。

日本語よりはないのかもしれませんが。

なので映画を見るときもなるべく最新のほうがいいですね。

最新の方が音声や映像も綺麗なので子供も喜びますね。

そして歌も大事ですね。

「ありのままで」 は皆さん一度は聞いてますよね…

社会現象にもなりましたし、紅白にも登場しました。娘も大好きですし、子供達はノリノリです。

英語に馴染むためには歌から始めた方がいいですし、馴染みやすいのでオススメです!

他にもプリンセス系は女の子にはオススメで、最近ですと塔の上のラプンツェルもいいですね。

ちょっと昔にはなりますがリトルマーメイドや美女と野獣も名作です。

我が家は子供の時以来、久しぶりにシンデレラを娘に見せましたが、やはり名作ですね

娘も大喜びでしたし、英語の声優さんも素敵な歌声です。

中には昔のディズニー映画の方が名作だったという方もいます。

私は今も昔もどちらも好きですので子供にも関係なく見せるようにしています。

プリンセス系にハマる女の子は多いので
入園グッズなどを作る際にもお気に入りのキャラクターができるのはいいことですね。

ディズニーランドに行ったときもプリンセスはパレードなどにも出てきますので、身近に感じられますね。

動物が出てくるディズニー映画

男の子にも女の子にもオススメなのが動物が出てくるディズニー映画はオススメです。

基本的にプリンセス映画にも出てくるのですが、動物がメインの映画はオススメです。

心温まる話が多いです。

ダンボは戦時中に作られたそうですが、今も変わらない親子愛を描いていて大人が見てもちょっとウルっと来ます。

バンビや101匹わんちゃんなども面白いですし、くまのプーさんも子供にはオススメの映画ですね。

プーさんは短編も多いですし、小さいお子さんも見やすい設定です。

ライオンキングやズートピアも動物の世界が鮮明に描かれていますね。

とにかく一度は英語で見ることをオススメします。

動物が出てくると、子供は喜びますし親近感も湧きます。

英語に馴染みがなくても繰り返し見ることで、馴染んでくるので大丈夫です。

動物ものは、人間と違って何をしようとしているのかを、わかりやすく描いていますので見やすいんでしょうね。

ニモなども魚ですし、映像が綺麗で喜びます。

男の子にオススメ!のディズニー映画

男の子向けといえば代表的なカーズ!男の子は大好きですね。

レースのシーンなんかは興奮して応援する子もいるようです。

グッズもたくさん発売されていますので、親近感は湧きますね。

他にもベイマックスなどは最近の映画ですが、
ロボット&ヒーローを合体させたような映画ですので喜んでくれます。

ちょっと怖がるかもしれませんが、ナイトメアビフォアクリスマスなどもオススメです。

独特の質感がありますし、お化けと言ってもそこまで怖くないので気に入ってくれるかもしれません。

他にもプレーンズも飛行機好きのお子さんには嬉しいですね。

まとめ

英語は楽しめなければ身についていきません。

その中でも映像と一緒に覚えていくのはとてもいいことです。

日本の学校で習う英語は、文法を大事に読む 話す ことよりも試験に偏った書く力をつける授業内容なので、
話す力 聞く力は家庭で自力でつけていかなければいけません。

何度も繰り返しになりますが、子供は吸収力がいいので大人が思うよりもぐんぐん力をつけていきます。

子供をバイリンガルにしたい、子供に英語を苦手になって欲しくない…

そんな思いを抱えるお母さん方には、この方法を取り入れて、ぜひ英語に慣れ親しませてあげてくださいね。

きっと英語が好きな子供になってくれますよ!

お子さんの習い事って悩みますよね。王道の習い事ももちろんいいけれど…少し変わった習い事に挑戦させて見たいと思ったことはありませんか?お子さんの才能は未知数であり、何が本当にやりたいのかわからないですよね。
スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする