Your SEO optimized title

【サタデープラス】30秒で花粉症の症状を軽くする朝食レシピを紹介

スギ花粉症対策で花粉症を軽くする食べ物と食べない方がいい食べ物

3月10日のサタデープラスで花粉症の特集で花粉症の人が食べると危険な食べ物と花粉症の症状を軽くする食べ物をやっていたので紹介します。

スギ花粉症対策で花粉症を軽くする食べ物

花粉症対策として「ホットじゃばらヨーグルト」が紹介されました。
じゃばら」とは和歌山県北山村でとれる柑橘類です。
アレルギー-の抑制するナリルチンの成分が何と!ミカンの約20倍あるそうです。

ヨーグルトが花粉症にいいと良くききますがその理由は免疫力を高める効果が期待できるからです。
免疫力を高めるヨーグルトの効果を更に高くするために30秒ほどレンジで温めることをオススメします。

ホットじゃばらヨーグルトの作り方

ホットじゃばらヨーグルトの作り方は簡単で、冷蔵庫から出したジャバラジャム大さじ2杯を加えて、レンジで約30秒加熱するだけです。
じゃばらは酸っぱいので食べにくくても、ジャムにすると食べやすくなります。特に花粉症に効く成分が皮の中に入っているので、ジャムだと皮の部分も食べる事ができます。
アレルギー専門医から2週間じゃばらの成分をとることで花粉症の症状が改善された事例も紹介がありました。

じゃばらジャムが買えるお店

じゃばら村センターのホームページからお取り寄せができますし、有楽町にある和歌山県のアンテナショップで購入することができます。
1ビン700円で購入できます。
テレビで放送されてからじゃばらが注目されて、「じゃばら村センター」の商品は品切れになっていることが多いです。

そこでホットじゃばらヨーグルトよりもお手軽に対策できる商品として、成分を凝縮したサプリメントがあります。
じゃばら普及協会公認の商品なので安心です。
それがこれです。


花粉症の人が食べない方がいい食べ物

スギ花粉症やヒノキ花粉症の人は「生のトマト」は食べない方がいいです。
ハンノキや白樺の花粉症の人は果物を食べない方がいい果物があります。りんご、なし、桃、サクランボ、イチゴ、すいか、メロンです。

その理由ですが、スギ花粉と生トマトはタンパク質の構造が似ていて、生トマトでアレルギー反応の危険性があるからです。
口がかゆくなったり、酷い場合はアナフィラキシーショックの可能性もあります。
生のトマトで無ければ良いので、加熱したりトマトジュースであったりすれば大丈夫です。

残念ですが、生トマトでアレルギー症状が出る人は年間を通して生のトマトを食べない方がいいです。

スギ花粉症を軽減するために

鼻うがいも有効といわれます。生理食塩水を利用し、人肌にすると鼻が痛くなりにくいです。

今年はインフルエンザが流行しました。今年新たに花粉症になる人もいるようです。

体の中では自然に免疫力と体内に入った花粉がバランスを取っています。今年は特にスギ花粉の量が多いので花粉症を発症する人が多いです。
インフルエンザのピークは過ぎましたが、まだ感染している人が周りにいます。
インフルエンザで免疫力が低下したり、インフルエンザや風邪で喉の繊毛がダメージを受けてしまうと、花粉を排除できずに体内に入る花粉の量が多くなったりします。
その結果、今年は花粉症が重症化しやすいため花粉症で苦しむ人が多いそうです。

コンクリートで固められた東京やその近郊は花粉症になり人が多く、東京だと2人に1人が花粉症だと言われれています。
今まで花粉症を発症していない人も花粉症デビューする人もいるかもしれません。

まとめ

花粉症と食べ物が大きく関係することが分かりました。免疫力が大きく関係することをアレルギー専門医が話しています。
薬に頼るだけでなく、食べ物や体調を整える事もして、辛いスギ花粉の時期を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です