Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

疲労回復する方法!寝ても眠気が取れない時の3つのポイントを公開!

私も時々陥る疲労状態。

体にやる気が生まれず、何もしたくない だるい 一日中眠い 疲れが取れない…
そんな状態が半年続くと慢性疲労という状態のようです。

しっかり寝ても疲れが取れない時にチェックしてほしい3つを紹介します。

疲労困憊を何とかしたい

ですが半年とは言わず1ヶ月の中で1週間ほど、
どうにもならない疲労感が続く方はいませんか?女性だと主に月経に左右される事もあると思います。

月経によって症状が悪くなる場合は、貧血やPMS(月経前症候群)などがありますね。

月経などに影響されない場合は単に疲労がたまっているか、
仕事内容によっては脳疲労 眼精疲労 精神疲労 睡眠不足 身体的疲労など原因は様々です。

他にも自律神経が乱れていたりするとこういった症状にい陥ることがあるそうです。

 

こればかりは周りから見ると不思議に思われるのですが、本人にはかなり深刻な問題です。

改善しようと思っているのに、どうにもならない不調感が襲ってくるので
仕事なども嫌になってしまいますし、家事も進まないです。

 

昼寝などをしても改善されない場合もあり、
数日から数週間は何だかヤル気がないままの状態になってしまいます。

これを少しでも改善する方法はあるのでしょうか?

民間療法の中でも効果のあったものを中心に紹介していきたいと思います。

あくまでも民間療法なので、軽い方や病院に通いながらの方に向いていると思いますので、
体調不良などが激しい方は病院に行ってくださいね。

糖質の取りすぎではないか?

これは結構多いです。

糖分を摂取して頭の疲れを取ろう!

なんて言葉をたまに聞きますがこれはその場しのぎです。

インスリンが急激に上昇、下降を繰り返すことによって

体には負担が多く感じるようになり疲れが再び生じるようになってしまうのです。

よく糖質制限ダイエットなどを耳にすることがあると思いますが、これは危険です。

医師の中でも賛否があるので、オススメしません。

 

糖質は、過剰摂取もいけませんが、少なくするとエネルギーがなくなってしまい不調を引き起こします。

糖質制限をしようと思ったらまずは間食などで糖質を取りすぎていないか確認して、省いていきましょう。

 

主食は外してはいけませんので完食やジュースなどを気をつけてみてください。

これで改善されれば、糖質の取りすぎだった。

ということになりますね。

食事はバランスよく、そしてビタミンを多く摂取することを心がけてみてください。

自律神経を整えよう!


簡単に書いてしまっているようで申し訳ないですが、
自律神経は整えておかないと精神的にも身体的にも辛くなってしまいます。

自律神経を整えるために必要なのは、まずは規則正しい生活。

これは必須と言ってもいいほどです。

 

早寝早起き、日中の適度な運動、バランスのとれた食事。

これが一番です。

 

ですが仕事が忙しかったりすれば自炊する暇もないでしょうし、早寝は難しい…なんて方もいますよね。

そんな場合は仕方がないのである程度は割り切って考えましょう。

 

早寝はできなくても、せめて日付が変わる前には眠る。

週末は早寝を心がけて、22時あたりに眠るようにする!などですね。

 

食事については週末だけは自炊する。

外食するときもジャンクフードは避ける。

などできるだけの工夫をしていきましょう。

 

ジャンクフードは体が疲れていると食べたくなるという人もいるほど、疲れと関係が深い食品です。

なるべく避けて食事をしましょう。添加物なども同様です。

 

他にもお風呂にゆっくり浸かる事も大事です。

シャワーで済ませてはいけませんよ!

特に冬は入浴すると冷え性の改善にもつながりますので入浴は必須です。

温泉施設などでもいいかもしれませんね。

 

この時に芳香浴といって、ハーブなどの香りがいいものを選んで入浴剤にしてみましょう。

これで芳香浴はできます。なんて簡単なんでしょうか…。

そしてゆっくり浸かる。これだけでも自律神経を整える効果がありますよ。

 

そしてもう1つ大事なことは、深呼吸などできるだけの呼吸を整えることです。

これだけでも改善されますよ!

運動不足ではないですか?

疲労を取りたいのに、運動しないといけないの?と思うかもしれませんが

運動不足は意外と疲労の原因となることがあります。

運動不足だと筋力が落ちてしまいますので、太る原因になります。

そうするとエネルギーを使う量が減りますので少しの運動でも疲れやすくなってしまいます。

 

肩凝りなど、体が固まってしまう原因として運動不足が原因とも言われるので、
改善できれば改善していきましょうね。

エクササイズなどを取り入れるといいと言われています。

適度な運動は大事ですのでなにかサークルなどに入るのもいいですね。

気分転換にもなりますし、ストレス解消にもなります。

 

疲労感はあるかもしれませんが、心地よい疲れを感じる程度の運動はスッキリしますのでオススメですよ!

まとめ

疲労の原因は人それぞれです。

精神的に疲労していたり、スマホやパソコンの画面を長時間見続けると眼精疲労や脳疲労にもつながります。

そして気分転換に趣味などを持っておくと
精神的疲労を解消する事もできると思いますので実践してみてください。

自分なりの解消方法が見つかるといいですね。

育児の疲れをとる生活見直し3つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です