育児の疲れがとれない…生活見直しの3つのポイント!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもって本当に体力がありますよね…。

そんな子どもについていけないという時もありますし、疲れてダウンしたくなる時もありますよね。

ですがダウンしたくても子どもさんを放っておくわけにもいかないですし、家事などもありますよね。

なかなか休めないでいると疲れがなかなか取れない…なんてことも多いかと思います。

そのまま続けていくと限界が来てしまいますし、過労になってしまいます。
心にも余裕が持てないかもしれませんし、お子さんに強く当たってしまうようになってしまう場合もあります。

それはちょっと困りますよね。
そんな疲れてしまったときは 心 体 ともに疲れを取りましょう。

今回はそんな疲れてしまったときの癒し方や、おススメの過ごし方をご紹介します!

スポンサードリンク

いっぱい食べて癒されよう!

腹が減っては戦ができぬ!とよく言いますよね。

疲れてしまったときはまずはたくさん食べましょう!
お友達とランチに行くのもいいですし、少し高いものを食べに行ったり、普段は作れないような手の込んだものを作ったり

デザートを買ってみるのもいいですね。
子育てをしていると忙しくてなかなか食事にまで手が回らずに、簡単なもので済ませたりしてしまう事もありますよね。

ですから疲れているときこそ、お子さんを誰かに預かってもらって
出かけてみるのもいいですね。

お子さんがいっしょに行ける年齢であれば、一緒に行くのもいいかもしれませんし

ちょっと普段は買わないような高いお菓子を買ってみるのもいいかもしれませんね。
そしてなるべくゆっくり味わって お腹いっぱいになるまで食べましょう!

ダイエット…も気になる方もいるかもしれませんが疲れているときは思い切って!気にしすぎはよくないですから食べちゃいましょう!

ぐっすり眠って癒されよう!

さて、お腹もいっぱいになってところで…
疲れをとるにはやはり睡眠が大事ですよね。

お昼寝もいいですし、夜ももちろんぐっすり眠りましょう。
お子さんがいるとなかなかゆっくり眠れない日が多いですが、たまには誰かに頼んで夜のお世話を代わってもらうのも一つの手ですし、
お子さんがお昼寝している時に一緒に眠るのもいいと思います。

なかなか家事などを済ませたいからと、お昼寝しないお母さんもいるかもしれませんが
疲れをとるにはお昼寝は大事です!

30分でもいいから横になって眠れると、疲れも少しは取れます。
お昼寝は長く眠りすぎると起きた時に少しけだるい感じが残りますし、夜に眠れなくなってしまいます。

できれば夜にぐっすり眠りたいところです。

夜泣きがまだあるお子さんや授乳があると夜もなんだか眠った気がしないかと思いますが

そういう場合はお昼寝で少し補充してもいいかと思います。

今は安眠グッズも沢山売っていますので、もし活用できそうなものがあれば購入するのもいいかもしれませんし
赤ちゃんをお世話するのを一晩だけ代わってもらうのもいいと思います。

ぐっすり眠るためには、先ほどご紹介した食事についても大事です。

お腹いっぱいになって、ぐっすり眠れれば疲れも取れますよ!

癒されて…癒されて…疲れを取ろう!

食事・睡眠をしっかりとってもなかなか疲れが取れない時もありますよね。

そんな時は心が疲れているのではないでしょうか?
心の疲れはなかなか睡眠や食事だけでは取れませんから、ここは思う存分心を癒しましょう!

自分の好きなことをするのもいいですし、お子さんを預かってもらえれば行動の幅は広がりますよね。

温泉や映画 美容院やエステ マッサージや友達と外食など
やってみたいことをリストアップしてみましょう!
それだけでも気分転換になりますし、リストアップした中から費用や時間との相談になるかと思いますので考えてみましょう!

できればお子さんを一日預かってもらいましょう!
そうすれば朝から出かけて、しっかり癒されてから帰宅しましょう。

そのままその一日は夜もお世話を代わってもらって…一日を終えましょう。
そうすれば次の日の朝からまたスッキリ!疲れも取れているはずですよ。

私のおススメはマッサージやエステが一番癒されます。

割引券やクーポンがフリーペーパーの中に入っている場合もありますから活用してみてください!
お手頃なお値段で施術してもらえれば、お財布にも優しいですし癒されますし…一石二鳥です!

まとめ

食べる・眠る・遊ぶ!と3セットのご紹介になりましたが、いかがでしょうか?

これならできそう!という方法がもし見つかったら、ぜひ周りの人に協力してもらって挑戦してみてください!

お母さんが疲れていると、お子さんも気を使ってしまいます。
上手に息抜きができるといいですね!

もし、それでも疲れが抜けない場合は医療機関に相談してみるといいかもしれませんね。
体力不足や栄養失調などが原因の場合もありますから、おかしいな…と感じたら医療機関に行くことをおススメします。

疲れを取るためにリフレッシュ!できるといいですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする