Your SEO optimized title

インフルエンザ検査いつがいい?検査はタイミングが大事な理由とは

インフルエンザの検査はいつがいいの?

インフルエンザの検査にはベストなタイミングがあるのを知っていますか?
インフルエンザの検査は早すぎるとインフルエンザにかかってもいても検査結果が陰性になってしまいます。
反応が出ないのでまた次の日に病院に行って検査したということにならないように症状が出てから検査するタイミングを紹介します。

インフルエンザの検査をするタイミング

インフルエンザは感染の初期は、インフルエンザウィルスが少なすぎて感染していても、検査で陽性(インフルエンザにかかっている)にならない場合があります。
検査を受けるタイミングとしては「インフルエンザの発症が出てから12時間以上経過してから」になります。

急な発熱あったからすぐに病院に行って検査をするのではなく、発症後ある程度の時間が経過してから検査をすることが大事になります。

朝症状が出た時は前日寝る時の調子を検査するタイミングの判断にしたり、周囲にインフルエンザの人がいるかどうかも考えたりして検査をするタイミングを決めましょう。
午後に発症したら次の日の朝一番の検査ですが、朝から調子が悪ければ夕方の検査がちょうどいいタイミングです。

インフルエンザウィルスは繁殖力スピードが速くて、発症から約48時間で数が最大になります。
ウィルスをこれ以上増えないようにするのが抗インフルエンザウィルス薬になります。
症状が出て48時間以上経ってからの受診だと抗インフルエンザ薬が使えなくなってしまいます。
そのため発症から48時間以内には検査をした方がいいです。

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状
インフルエンザの症状は風邪と同じように発熱やのどの痛み、鼻水やせきは同じですが風邪とは別に次のような症状が出ることがあります。

・急な発熱による関節痛や筋肉通などの全身の倦怠感や悪寒
・インフルエンザのA型は38度から40度程度の高熱
・B型はA型ほど熱がでない場合もあり、下痢や嘔吐を伴うこともある。
・人によって症状の出かたは違うので微熱であったり症状が軽かったりする場合もあります。

インフルエンザの予防接種をしている場合には、インフルエンザにかかっていても微熱なこともあります。
この場合もほかの人にインフルエンザウィルスをうつしてしまう可能性があるので受診するようにしてください。

学校や職場、家族にインフルエンザになっている人がいる場合はインフルエンザを疑って検査を受けた方がいいです。

症状が出てから12時間より前だと正しく検査結果が出ませんし、48時間以降だと抗インフルエンザ薬の効果がなくなってしまうので検査をするタイミングが大事になります。
最新のインフルエンザ検査装置だと発症後3時間程度で感染しているかどうかわかりますが、すべての病院でできるわけではありませ。

インフルエンザの検査方法

インフルエンザの検査は一般的なのは迅速診断キットによる検査です。
ほとんどの医療機関にあり、これまで検査を受けたことがある人も多いと思います。

細い綿棒のようなものでのどの奥や鼻の奥をこすって、そこについた組織で陽性か陰性か判断します。
検査時間は10分から15分程度です。この検査はある程度のインフルエンザウィルスがないと陽性と判定されません。

検査が正確にできるウィルスに増殖するまでかかる時間が12時間以上かかります。
この検査法を多くの医療機関が採用しているため、検査をするタイミングが発症後12時間以上経過してからになります。

他にも採血したり、唾液から検査をしたりする方法がありますが、結果がわかるまでに1週間から2週間かかります。

インフルエンザの結果

インフルエンザの薬
インフルエンザの検査で陽性と判断された場合は、48時間以内であればいくつかの抗インフルエンザ薬が使えます。

・タミフル(飲み薬)
・リレンザ(吸引薬)
・イナビル(吸引薬)
・ラピアクタ(点滴薬)

どの薬もA型とB型に同じように効果があります。

タミフルとリレンザは1日に2回を5日間。
イナビルは1日に2吸引の投与です。

薬の費用は保険適応になるので3割負担になります。
タミフル、リレンザ、イナビルは400円代から800円代です。ラピアクタは2000円弱です。

薬の副作用が心配ですが、4つの薬とも下痢や嘔吐がかんがえられます。
副作用はそれほど多くなく、1%から5%程度です。過度に心配しないでも大丈夫です。

副作用を心配する場合は漢方の「麻黄湯(まおとう)」の選択もあります。抗インフルエンザ薬との併用も可能です。
漢方なので早めに使うことが大事になります。小児科でインフルエンザの陽性になったら麻黄湯が処方される場合もあります。

インフルエンザになったからといって薬を必ず投与するわけではありません。
一番の治療は安静と十分な栄養です。
先進医療の進んだアメリカではインフルエンザの予防接種は町の薬局でもすぐにやってくれますが、インフルエンザ発症後は抗インフルエンザ薬は使わずに家庭で静養するのが一般的です。

インフルエンザの検査費用

検査費用はインフルエンザの予防接種のように値段が変わることはなくて、どこでもほとんど同じです。
初診の場合は、初診料が請求されますので、保険の3割負担で2000円程度になります。
風邪でもインフルエンザで陽性の場合でも治療薬が処方されますので検査代と治療薬代が必要になります。

学校や職場にいつ行ける

インフルエンザウィルスは感染力が強いので、解熱したからと登校できません。
学校保健安全法ではインフルエンザによる出席停止について

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」

と規定されています。

発症してから5日間は学校に行くことはできません。
治癒したことを医療機関で証明するようになっている学校もあるので、登校開始については通学している学校に従うようになります。

発症後5日間は他の人に移りやすいのは大人も一緒なので、子ども同様5日間は出勤自粛になることが多いです。
しかし、働いていると休むことができない場合もあるので会社との相談になります。

まとめ

インフルエンザの予防として、手洗いやうがいのほかに、洗顔もウィルスを体内に入れないために大事になります。
もしインフルエンザの症状が見られたら12時間程度経っていたら検査ができますので早めに受診をしてください。
風邪でもインフルエンザでも辛いと思いますので、しっかり栄養を取って、静養するようにしてください。

>> 学級閉鎖になるのは何人から?小学校の基準!インフルエンザが大流行

>>インフルエンザで学級閉鎖中に塾や習い事に行かないほうが良い理由

>> 風邪を予防!家庭でできる簡単な風邪予防の5つのポイント!

>> 春菊の栄養と効果にびっくり!風邪予防と美容の両方を簡単にゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です