Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

敬老の日はいつ?いつから実施?何をして過ごすものなの?

敬老の日。みなさんは今年(2017年)の敬老の日はいつかご存知ですか?
子どもの行事カレンダーには9月9日と書いてあります。

しかしこれは、幼稚園で実施する「敬老の日・家族参観日」になりますので、本来の敬老の日とは関係ありませんでした。
本当の敬老の日とはいつで、どんな意味があり、どんなことを実施する日であるのかについて今日はお話ししていきたいと思います。

敬老の日

2017年の敬老の日は9月18日です。毎年9月〇日が国民の祝日「敬老の日」というわけではありません。
2002年までは、9月15日が国民の祝日「敬老の日」でしたが2003年からハッピーマンデー制度導入により毎年9月の第3月曜日が国民の祝日「敬老の日」となったわけです。

お恥ずかしながら私、「第〇 月曜日」とか「第2 〇曜日」とか、間違って理解しておりました。
月ごとのカレンダーの1列目(1週目)に来るのが「第1」、2列目(2週目)を「第2」と言うのだと思っていました。
そのため、全然違う日にゴミ出しをしたことがあります。本当は(誰でもわかることですが)その月の中で何回目にくる月曜日かと考えればよいのだと大人になって知りました。

ハッピーマンデー制度とは?

ところで、先ほど登場しました「ハッピーマンデー制度」、みなさんご存知でしたか?
なんとなく知っていたという方もいらっしゃるかもしれませんが、ハッピーマンデー制度とは祝日と週休2日制をつなげて3連休以上の期間を増やすため、
国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度のことを「ハッピーマンデー制度」と言います。

連休の日数を増やせば、観光業や運輸業などを活性化するのではと考えられ設けられた制度なのです。
2000年(平成12)は従来1月15日であった成人の日が1月第2月曜日へ、10月10日であった体育の日が10月第2月曜日へ移動した。
ちなみに、敬老の日が9月第3週の月曜日に移動したことにより、同週の水曜日が秋分の日になる場合、
間に挟まれた火曜日は国民の休日となり(国民の祝日に関する法律第3条3)、土曜、日曜を含めると秋に5日間の大型連休ができるのです。

このような秋の大型連休を「シルバーウィーク」と呼ぶそうですが、該当するのは2032年です。
かなり先ですね。しかしこの制度、一方では「本来の祝日が定められた意味を失わせる」とし制度廃止を訴える動きも根強く存在しているんです。

敬老の日。本来の祝日に定められた意味とは

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日というのが敬老の日です。
敬老の日は1966年(昭和41)に「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、体育の日とともに追加制定された国民の祝日なのですが、
もとは聖徳太子が四天王寺に悲田院(ひでんいん)を設立したと伝えられる日にちにちなんで、
1951年から「としよりの日」、1964年から「老人の日」とよばれ、敬老行事が行われてきたそうです。

また、老人福祉法の改正で、2002年から9月15日から21日までを老人週間と定められました。
わたしは老人週間があることをはじめて知りました。

ちなみに、聖徳太子が設立した悲田院について少し補足させてください。
聖徳太子は、日本における「社会福祉事業(老人ホームや介護センターなど)」の創始者でもあります。
1400年前に遡りますが、そのころは合戦で親を亡くしたり病気で子どもを失ったり、病者や身寄りのない老人などのために悲田院と呼ばれる施設を作り無償で介護をしていたと言われています。

敬老の日にわたしたちができること

正直なところ、わたしは敬老の日に特別なことをしたことがありません。
個人的意見になりますが「老人」というワードはあまり好きではありません。
敬老の日の由来である「多年にわたり社会につくしてきた老人」とはどんな人が該当するのだろう、老人であれば全員なのだろうか?と疑問もあります。
またその方々をどんな風に敬って過ごすことがいいのだろうと言うのも分かりません。
もし自分の身近にいる祖母や父や母に対し何かお祝いをするとしたら、誕生日の日にお祝いする程度です。あえて「長生きしてね」とは言いません。

一応、老人福祉法で考えると、老人の日や老人週間に該当する老人と言うのは、65歳以上のようです。
この65歳という年齢について「元気な方が多いから一概に65歳以上は老人とは言い切れない」など様々なご意見があるようですが、
若々しいから、元気だから老人にあてはまる、あてはまらないという考え方ではあやふやになるため、
国が定めた65歳を1つの基準にお祝いするのであれば、祝ってもらった相手も素直に喜んでくださると思います。

敬老の日を孫と過ごす

我が家では毎年、幼稚園で行う「敬老の日・家族参観日」の日のみ、孫だけがおじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちを伝えたり、手作りのプレゼントを贈ったりしています。
それでおしまいになっているのが現状です。つまり親は何もしていませんので、敬老の日を大事にしているのは孫だけです。
わたしは敬老の日に何もしていませんが、日々の生活の中で周りに困っている方がいたら年齢問わずお助けしたいと思っていますし、普段から感謝の気持ちはその都度伝えるようにしています。

敬老の日は「こんな風に過ごすのが正しい」という基準はないと思いますが、私と違って両親に普段からお礼が言えない姉が、
毎年母の日に必ずカーネーションを贈るように、敬老の日という国民の祝日にあやかり、
敬老の日は普段伝えられなかった感謝の気持ちなどを伝えるいいチャンスだと考えるのもありだと思います。

みなさんは、日ごろから(65歳以上の老人に関わらず)感謝の気持ちを伝えていますか?
敬老の日にこだわることはありませんが、気持ちを伝えるチャンスを逃している方がいたら、この機会にぜひ想いを伝えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です