子だくさんの不安な気持ちを明るくしてくれる素晴らしいメリットは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「三人目の子どもを考えるけど不安で決心つかない」

このように三人目に対して壁を感じませんか?

さらに「予定外で三人目ができちゃった!どうしよう」

このように三人目を妊娠しても子育てに不安を感じ、妊娠を受け入れられない気持ちを抱えていませんか?

妊娠→出産→育児の大変さをすでに二人分経験しているからこそ、

「またあの苦労を繰り返さなきゃいけないの!?」

こういった気持ちが芽生えてくるのは当然です。

さらに三人目となると、お金や上の子のお世話との兼ね合い等々、気になることは様々ですよね。

そこで三人目子育ての不安とメリットについてお伝えします。

スポンサードリンク

【三人目子育ての不安】

①教育資金や家計など

やはり三人目で一番ネックとなるのが教育資金ではないでしょうか。

小さい時は保育料、給食費、習い事。大きくなると高校大学の進学に伴う授業料。

それだけでなく、食費や衣類、旅行だって人数が増えるとそれだけ出費もかさみます。

②親の目が届きにくくなる

三人目で不安なことに、「親の目が行き届くかどうか」という不安も大きいです。

一人目は、子ども1:大人2 大人の数が優位です。

二人目は、子ども2:大人2 大人と子どもの数が同じです。

三人目は、子ども3:大人2 三人目以降は大人の数が子どもの数を上回ります。

二人までは1対1のディフェンスをとることができるのに、三人からはそうはいきません。

③家事が増える

洗濯物、食事量、全ての量が増えます。

それによって、家事一つ一つの負担が増えてしまうことは当然です。

【三人目子育て不安を解消するメリット】

①上の子どもが成長できる

三人目を迷っている人がよく

「二人の世話だけで精一杯。三人なんてムリムリ」

こんなセリフを口にします。

確かに両親二人だけで三人を育てるのは大変ですよね。

でも、家族には強力なサポーターがいることを忘れていませんか?

それは上の子ども二人です。

すでに年の差が離れている場合は、かなり強力な子育てサポーターとなってくれます。

上の子がまだ幼稚園や保育園という年の差が近い場合も、
赤ちゃんのミルクやおむつの交換など簡単な育児は、ままごと遊びの延長でやってくれるでしょう。

すでに簡単な家事のお手伝いはできる年齢なのに、「めんどくさい」とお手伝いを嫌がっていた子どもも、
三人目の育児に忙しそうなママを見たら率先してお手伝いをするようになる子どもも多いです。

「子どもが増えたら親の目が行き届かない」

という不安もあるかもしれませんが、ある程度子どもに任せてみると、子どもの自主性が伸びてきます。

三人目の子どもは、上二人の子どもの成長を促してくれる存在となります。

②夫も成長する

これまで二人を必死に育ててきたママは、家事育児を自分で抱え込んでいませんか?

夫も妻に甘えて家事に参加していない、もしくは週末だけのお手伝いになっていませんか?

三人目を考える、もしくは三人目が出来たというのは家族にとっていい機会です。

ママ頼りだった家事を当番制などにして、家族全員で家を回すという意識を家族全員で持つように話し合ってみましょう。

子どもの成長は①で述べた通りですが、それに合わせて夫も家事育児に関わる時間を増やすいいきっかけとなるでしょう。

③子どもの中で社会性が育まれる

子どもがまだ二人だと、お互いに「ライバル」意識が強く喧嘩に発展することがしばしば。

何度もママが仲裁に入り、その繰り返しに疲れますよね。

二人兄弟によくある話です。

ここで、三人目が加わると兄弟関係は変化するのでしょうか。

まず、上の子同士が結束して三人目のお世話を始めます。

これまでライバル同士だった二人が子育て仲間のように変化するのです。

そして三人目の子どもが大きくなってくると、兄弟間で小さな社会が出来上がります。

二人同士だと意見が対立した時に親が仲裁に入るしかありませんが、
三人目がいれば仲裁役も子ども同士でこなせるようになるのです。

④ハッピーが増える

三人目を出産したママが、不安を感じている時に励ましてくれた言葉に

「楽しいことは3倍だけど、つらいことは3倍にはならないから大丈夫!」

こんな言葉をかけてくれました。

「立てるようになった」

「オムツ卒業した」

「自転車に乗れた」

「ひらがなが書けた」

「掛け算覚えられた」

子育ての何気ないハッピーポイントは、三人同じようにやってきますが、その過程は三者三様。

同じ喜びでも味の違う喜びを感じるものです。

二人を育てて、

「同じお腹から生まれてくるのにこんなにも性格やら好き嫌いが違うものなのね」

と思った事ありませんか。

三人目はまた違う喜びを味わうことができますよ。

⑤ママ友繋がりが増える

子どもが三人いるママは顔が広いです。

同じマンションや同じ幼稚園保育園でも、同じ学年や同じクラスの子どもがいるママさんと繋がっていきますよね。

子どもの数だけママとパパのご近所や親同士のつながりが増えていき、人間関係が豊かになっていきます。

⑥自治体の助成金が手厚い

出産育児一時金や児童手当などは、三人目から増額となる自治体が多いです。

保育料や給食費などは、三人目から割引される傾向にあります。

これは自治体によって金額等様々なので、一度確認することをおススメします。

⑦家計管理力アップ

自治体の助成金だけでは教育費はまかなえません。

三人目が出来たらすぐに教育資金の貯蓄を始めましょう。

これまで上二人の習い事などもあったかもしれませんが、
三人目ともなると、必要なものとそうでないものがわかってきます。

これは習い事だけでなく、食費や衣服など普段の生活用品でも言える事です。

これまでの経験を活かして、スリムな家計を考えるいいきっかけとなります。

【まとめ】

三人目の子育てについていかがでしょうか?

子育てに不安はつきものですが、家族みんなを巻き込み、
みんなで三人目を育てていく環境ができれば、にぎやかな家族となるでしょう。

子どもは親を成長させてくれる存在。

自分自身も成長できるチャンスかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする