子育てが辛い時に気持ちを切り替える方法とは?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本文上

子育ての中でイライラしてしまったり怒ってしまったり…

些細なことで八つ当たりしてしまったり…悩んでしまったり。

子どもは日々成長しているので、お母さんの悩みごとの内容も変わっていきますよね。

そんな辛い時に相談できる相手はいますか?

旦那さんでもいいですし、ママ友でも、実母さんでも。

相談できる相手がいるのはとてもいいことです。

特に私の中では「自分よりも育児経験の長い人に話す」というのが多いです。

目から鱗の話が出てきたり、自分の思っていることと逆の発想だったり。

ですがなかなか相談できる相手がいなかったりすると自分で抱え込んでしまったり

家族に話しても、ちゃんと聞いてくれなかった…そんなことはありませんか?

「自分一人で頑張らなきゃ!」と頑張りすぎてはいませんか?

だけど相談できる相手はそう簡単に作れない…と思っていませんか?

ですが少し外に出て、いろんな輪に入ってみるのも時には

とても刺激になりますし、意外な出会いがあることもありますよ!

スポンサードリンク

お子さん連れのサークルを探してみよう!

今はお子さんを連れていける習い事や、サークルなどがたくさんあります。

最初に行くのは少し勇気がいりますが、サークル活動などは

本当に視野が広がると思っています。

私もいくつかサークルに入っていますが年に1・2度ほどの食事会などもありますし、息抜きにもなります。

子どもさんを連れていけなくても週に一度なら

旦那さんや家族が預かってくれる場合もありますし、

託児がついている所もあります。

お母さんの息抜きも兼ねてのサークル活動などに参加できると、

すごく楽しめると思います。

サークルへ入ると仲間もできますし、ママ友もできます。

何より「自分よりも育児経験が長い」方がいることがあります。

いわばベテランさんですね。

そんな方々の意見は本当にためになりますし、

いろんな方と共有できれば悩みの解決にもつながります。

周りの子どもたちと仲良くなれるチャンスもありますし、

子どもさんの自主性が上がったり

自ら「ついていきたい!」と言ってくれるようにもなります。

その場が楽しめるのは親子共々にいいことですので

地域でやっているサークル活動などがないか、

ネットで探してみたり市役所で聞いてみるといいかもしれませんね。

保育園のサービスを利用しよう!

今は保育園も様々なサービスを行っています。

その中の一つに「園解放」や「一時保育」や「未就園児のための場」があります。

まだ保育園の通える月齢ではない場合は利用できない場合もあるかもしれませんが、

月齢や年齢が達している場合はそういったサービスが利用できることがあります。

特に一時保育は疲れているお母さんのため たまにはリフレッシュしたい。

などでも利用できる場合がありますし、保育士さんに相談できる時間を希望すれば

設けてくれる場合もあります。

未就園児のための開放日ではお母さんも一緒に保育園の指定の日時に行って、

みんなと遊ぶ時間が設けられているのです。

ですから他のお母さんたちも沢山いますので情報交換ができます。

お子さんたちは広い保育園で遊べますので楽しめますし

そこでも園長先生や担当の先生が見守ってくれている場合もありますので、

相談することができます。

周りのお母さんとの情報共有も大事ですが、保育園の先生は保育のプロです。

やはり経験が違いますし、いろんな子を見ているのでアドバイスも的確です。

お母さんとしての経験がある保育士さんも多いですから

お母さんの目線でアドバイスをくれたりする場合もあります。

もし、本当にお母さんと子どもさんの希望があれば

専門の機関や相談所を紹介してくれる場合もあります。

ぜひお近くの保育園を探して問い合わせてみてください。

ママ友なども出来てとてもいい場になりますよ。

やっぱり家族にも聞いてほしい!

ここまでいろんなサービスを紹介してきましたが、

家族にも悩みを知ってほしいと思うことは当然ですし、一番の理解者になってくれるはずです。

旦那さんは仕事が忙しかったりすると

周りの状況が見られなくなってしまう事があります。

とはいっても仕事は結構神経を使いますし、大変な時もあります。

私は相談するときに

「私はこんなに大変なのに!」

という言葉はあまり使いません。

言いたくなったこともありましたが、

大変なのはお互い様なのだ。と思うことにしていました。

「お金を稼いできてくれるおかげで生活ができている」

ということは感謝することなのでそこは忘れないでくださいね。

お互いに尊重する気持ちはとても大事です。

そんなことを念頭に置いたうえで、思い切って相談してみましょう。

手伝ってくれる場合もありますし、先ほど記述したサービスを利用することを

許してくれるように頼んでみるのもいいですよね。

実母さんや姉妹がいる方は相談してみるのもいいですし、

お子さんと一緒に訪問すれば喜んでくれますよね。

やはり実母は頼りになる存在ですので、相談やアドバイスをもらえるといいですね。

まとめ

色んな相談できる場所を紹介してみましたが、

どれもおススメのサービスがいっぱいですね。

私は結構いろんな場所を訪問して友人や相談できる相手と出会えましたので

子育てが「辛いもの」ではなくなっていきました。

色んな事に余裕が持てましたし、考え方も変わりました。

子育てが辛い…と感じている

お母さんにもぜひ勇気を出していろんな場に行ってみることをおすすめします!

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする