Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

子育てのイライラは赤ちゃんに伝染するって本当?

赤ちゃんや子どもがぐずる理由に、親のイライラがあります。

病気や空腹や、痛い、かゆい、だっこ、
遊んでほしいなどいろいろな理由でぐずるのが多いですが、
それらは原因を取り除いてあげれば赤ちゃんはにこにこしたり、ぐっすり眠ったりしますよね。

おしめが汚れたら、替えてあげてすっきりすれば笑ってくれるし、
かゆければ体をさすってあげればごきげんになります。

お腹がすけば、ミルクをのんで満足してくれる。

だけど理由もなく泣いたりぐずったりするときは、親の心を読んでるときがあるんですよね。

子育てのイライラについて考えたいと思います。

だんだんとストレスがたまっていく

私も最初の子が生まれたときは、どうやって育児していいかわからないし、
旦那実家で同居していたので、なかなか旦那さんの実家になじめないでいたんです。

結婚前から務めていた不動産会社は、出産と同時に退職しました。

旦那さんの両親に、

「赤ちゃんを保育園にいれるなんて、母親失格」

みたいなことを言われ、波風立てたくなくて専業主婦になって、家庭に入りました。

おまけに嫁姑問題もあったあし、気疲れと育児疲れで毎日、精神的にも肉体的にもくたくたでした。

 

友達のグチはこぼせても、自分の親にはグチはこぼせないでし。

自分の親にグチをこぼすと、両家の間で戦争勃発ですしね。

家庭に入って、赤ちゃんと二人で過ごす時間は楽しかったです。

毎日いろいろ表情が変わって、かわいかったし、毎日成長を見るのが楽しみでした。

 

ところが、赤ちゃんは、昼間はお利口であまり泣かなかったのですが、夕方になると甲高い声で泣きます。

あやすのが大変で、夕食の準備がままならなくなっていました。

旦那さんは、仕事のあとパチンコにいって帰ってきてくれないし、
もうすぐ旦那さんの両親が返ってくるし…

夕食の準備やお風呂の支度が出来てないと、姑に文句いわれるし、
私一人で全部対応しないといけない。そんなストレスがマックスでした。

赤ちゃんの生活リズムに気づいたのが転機に!

赤ちゃんは、忙しくなる夕方になると大泣きをするし、
正直、毎日、毎日と途方にくれる日々でしたが、ある時、はっと気が付いたのです。

赤ちゃんが泣く時間がだいだい決まっていて、
その時の私の気持ちは姑が仕事から帰ってきたら、また嫌味とか言われていやだなって思ってたんです。

 

そのイライラや不安や、不満が、赤ちゃんに伝わっていたことに気が付がつきました。

夕食の準備を昼間に済ませて、夕方はゆっくりあかちゃんと過ごすようにしましたが、それでも夕方になると泣きます。

私のメンタルを強くしなくてはと思って、姑の嫌味を思い出して、それをスルーするすべを身に着けました。

毎日思い出して、その都度スルーする。

 

ネガティブなことをしているようで実は効果がありました。

いまは心臓に毛が生えるほど鉄板なハートです。

 

めちゃくちゃな方法ではありましたが、私には効果があったようです。

親がイライラしたり不安になると赤ちゃんは敏感に感じます。

それで泣き出して泣き止まなくなった時に、一生懸命あやしても、親が不安やイライラかかえたままだと、

なかなか泣き止んでくれなくて、ますますイライラが増すという悪循環におちいってしまします。

 

方法はひとそれぞれだとは思いますが、まず親がリラックスすることから初めてみませんか。

音楽を聴くもよし、散歩するもよし。

あかちゃんと楽しむことで、少しでも心がリラックスして、赤ちゃんの不安も取り除けるといいですね。

イライラは伝染する

大人同士でも、夫婦でも、友人同士でも、他人でも、イライラしているときって、
周りにも飛び火してしまうことがあります。

ささいなことでケンカになることもあります。

赤ちゃんと大人はケンカはできないけど、
赤ちゃんは、大人、親、周りの人のイライラにとても敏感です。

 

子育てにイライラはつきものですが、なるべくイライラしないよう心がけるのが、
赤ちゃんを育てるときに、自分がとても楽に子育てできる秘訣のような気がします。

「イライラしないように心がける」

と簡単にいかないとはおもいます。

どうしてもイライラがつのるときは、誰かに赤ちゃんをみてもらいましょう。

親だって人間です。どうにもならないときがあります。

そんなときは我慢したり無理せずに誰かにたよりましょう。

身近に親御さんや友人を頼めないときはベビーシッターさんや、
一時預かりの保育園などがあります。おもいきって預けてみましょう。

 

親が、リラックスして、笑っていられるのが、赤ちゃんにとって最高の幸せなのだとおもってます。

親がイライラしているとどうしてもあかちゃんに伝染してしまいますので、

伝染したとおもったら、あかちゃんと二人で外の空気をすってみるのもいいですし、一緒に泣いてみるのもいいですよ。

私はよく泣きまねをして、赤ちゃんがキョトンとする顔を楽しみにしていました。

 

赤ちゃんは親が泣くと、びっくりするのですよ。

なぜ、びっくりするのでしょうね。

親は泣かないとおもっているのかもしれないですね。人間だから親も泣いていいんですよ。

まとめ

イライラは伝染するから、伝染する前に、気持ちをほぐしておきましょう。

それでも伝染したら、一緒に泣いてみましょう。

泣くという行為は、心のほこりやこりかたまった不満、

イライラを洗い流す効果があるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です