子育ての仕方で実母と衝突してイライラ!私なりのイライラ解消法?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

里帰り出産をして、産前産後、実家の両親に育児のお手伝いをしてもらった人は多いのではないでしょうか?私もその一人です。
出産前で色々不安も多かった中、実家に帰りついた時にはホッとしました。

ああこれで、食事の面倒は見てくれるし、何かあれば助けてくれるし、と。

しかし産後、子どものあやし方や授乳の時期や回数、オムツのかえ方、沐浴の仕方にいたるまで、ずっと実母に小言を言われ続け、イライラした記憶があります。

みなさんはいかがでしたか?今日は、有難い存在だけれど、子育てにおいて実の母にイライラしたというお話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

身内だからこそ、余計言葉にトゲがある?!

現在、わたしの友だちが実家に帰っています。

家庭で色々ありまして…。
そんな時だからこそ、実家で少し心を落ち着かせたいところなのですが、
実家のお母さんは「長男は、親に甘えすぎていて、考えが幼い!」とか「次男は言うことを全く聞かない」、
「一番下は、自分一人では何にもしようとしない」と孫たちを非難し、

最後は「あなたの子育てが全然なっていないから」とママ友を怒ってばかりいると聞きました。
辛いですね。どこへ行っても心が休まる場所がないなんて。

わたしも同じです!

他人ごとのように言っているわたしですが、実際のところ、長期休みに実家へ帰省すると、
わたしも母に「あなたは、親なのに携帯ばかり見てる!」とか「そのしつこい性格、なんとかしなさい!子どもに悪い影響を与える」など
しょっちゅう注意を受け、たまにイライラすることもあります。

実の親って、遠慮なくバシバシ言ってきますし、自分も遠慮なく言い返すので、険悪ムードになるこもしばしばです。
そんなこんなで、実家に帰省するとリラックスするどころか、早く自宅に戻ってホッとしたいと思うようになりあした。

そもそも実母は完璧な育児をしてきたのか?!

子育てがひと段落した実母。わたしの育児に色々口を出してくるところをみると、
さぞ、自分は立派な育児をしてきたのか?と突っ込みたくなりますが、母曰く「色々失敗したり、悩んだりしたからこそ言えるの」と開き直っていました。

母はよくわたしに「かけっこも1位をとりなさい。」「勉強も頑張りなさい。」「お友達に負けるな。」とプレッシャーをかけてきました。
当時を振り返り、母親に色々モノ申したいところはありますが、わたしも同じように子どもにプレッシャーをかけてしまっているところもあり、複雑な気分です。

たしかに、自分がしてきた育児で失敗したことや、ああしておけば良かったと思ったことをわたしに教えようしてくれるのは有難いことだと思います。

完璧な育児を求めて、ガミガミ言っているわけではない

そうはいっても、実母の一言一言にイライラしてしまうのはどうしてなのか。

おそらく、イヤな点をついてくるからだと思います。

わたしの主張としては、昔の育児と今の育児は違うのだ!
だから私の子どものあやし方を理解し、認めてくれてもいいのにという甘えが先行し、イライラ爆発です。

しかし、実母はわたしに完璧な育児を求めているわけではありません。
「子どもにはあまりテレビや携帯を見させすぎないように」「お菓子を与えすぎないように」。

それはとても常識的なアドバイスであり、いちいちイライラすることでもないのだと、実は分かっていて

でもイライラしてしまうのです。

実母は変わらない。では、わたしが変わるしかないのか?!

実家に帰るたび、わたしが実母にイライラするポイントがあります。
それは、意見がコロコロ変わることです。
「今日は買い物に行こう」と誘っておきながら、
自分と子どもの準備をして「まだ行かないの?」と聞くと、「え?暑いから、とっくにもう行かないことにしたよ」と。

それなら、こっちに一言くらい言ってもいいのに。そんな性格はずっと変わらずで。

結婚して、実家に帰省するたび、母の気まぐれにいつも振り回されています。
母の気まぐれはこの先もずっと変わらない。
おそらく帰省した時くらい、自分が「しかたないな」と折れてあげるのがイライラしないポイントなのかもしれません。

育児の考え方は人それぞれ。実母と同じではないことを理解する

実母に育児のことを言われてイライラするのは、おそらく「実母だけには、自分の育児を褒めてもらいたい。
認めてもらいたい」とどこかで期待しているからかもしれません。

母親になって、わたしも少しは立派になったかなと思ったりしますが、立派になることは求められていません。

そして、母もそれを私に求めているわけではありません。
実母の言葉一つで全否定されたように感じイライラする必要はないと感じました。

わたしは少し、実母の言葉を重く受け止めすぎてしまう傾向にあるのかもと思いました。
実母の意見は、その場は素直に「わかった」と言って、いづれ「なるほど、たしかに」と思い返してみるぐらいが楽かなと思いました。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする