Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

子育て疲れしているあなたに試して欲しいリフレッシュ6選!

今回はおすすめの子育て疲れのリフレッシュ方法をお伝えします。

子育ては子どもの成長を楽しむすばらしいものですが、
なかなか休みをとりづらく、子どものペースで動かないといけないので疲れが溜まりやすいものです。

特に赤ちゃんから3歳くらいまでは目が離せない時が多いので、ママのストレスも大きいでしょう。

疲れを感じたら、溜め込まずになるべくリフレッシュが必要です。

【とにかく寝る】

子どもが小さいうちは、お昼寝タイムを子どもと一緒にとることです。

いつも、子どもが寝ている間に晩御飯の準備をしたりと忙しく動いているかもしれませんが、
たまには晩御飯を外で買ったものを食べるなどして、子どものお昼寝タイムを自分の休息時間にあてます。

夜泣きした赤ちゃんに付き合った次の日などは、このようにゆっくりお昼寝して休息をとりましょう。

【ドラマや映画、お笑い番組などを見る】

子どものお昼寝タイム、特に眠気が無い時はゆっくりドラマなどテレビをぼーっと見て休憩するのもいいです。

ドラマや映画の世界に浸って、思いっきり泣いたり感動したりするもよし。

お笑い番組を見て思いっきり笑うもよし。

子育て中は見たい番組をリアルタイムで見るのは難しいので、あらかじめ興味のある番組は予約セットしておくと便利です。

【お風呂にゆっくり入る】

子どもが寝た後、ゆっくりお風呂に入りましょう。

特に、普段は子どもと騒がしくお風呂を済ませている方にはおススメです。

この時、シャワーだけで済ますのではなく、なるべくゆっくり湯船につかります。

いい香りのする入浴剤を入れるのもいいかもしれませんね。

そうすると一日の疲れがほぐされて体がリフレッシュすると、心もリフレッシュされます。

【いつもとは違う場所にお出かけ】

いつも行っている場所はリフレッシュになりません。

思い切っていつもとは違う場所に行ってみましょう。

隣町の公園やスーパー、図書館、ショッピングモールなどは身近で行きやすいですね。

 

もし電車を使うなら平日昼間の空いている時間。朝夕のラッシュは必ず避けます。

初めていく場所も、どのような施設があるか事前にインターネットで調べることができる場所がいいでしょう。

授乳室、オムツ交換台、エレベーターの有無など自分が必要な設備があるか確認しておくと困りません。

新しい場所は子どものテンションも上がるので一緒に探索して楽しみましょう。

【ちょっとリッチな食事】

リフレッシュする時は夕食を少しリッチにするのもいいでしょう。

外食の方が好きな人は外食に行くのもいいですし、
外食は子どもの自由がないので余計に疲れるという人は、外で買ってきたものを食べるのもいいですね。

ただし、外で買うときはいつものスーパーではなく、テバ地下などちょっとリッチな総菜がおススメです。

デパ地下に行くのが大変という人も多いかもしれませんね。

いつものスーパーで、いつも買わない高級食材を買うのもいいです。

安いお肉ではなく○○牛のようなブランド名がつくようなお肉を焼くとか、
とにかくいつも食べているものよりちょっと贅沢すると気持ちが満たされてリフレッシュになります。

【子どもを預ける】

あまりにもストレスが溜まってしまうと

「とにかく子どもから解放されたい!!」と思うでしょう。

そんな時は思い切って子どもを誰かに預けましょう。

旦那さんが休みの時やご両親など、身内は頼みやすいですね。

ただ近くにご両親がいればいいのですが、簡単に預けられる状況ではない場合もあります。

 

もし近所で仲のいいママ友がいれば、ママ友にお願いするもの一つの手です。

「友達に預けるのは気が引ける」という方や、「まだまだそんなお付き合いがない」という人もたくさんいるでしょう。

ファミリーサポートなど自治体で子どもを預かってくれるサポート人を紹介してくれるところもあります。

また、認可外の一時保育所を利用するのもいいでしょう。
このようなサービスは、預ける理由を問われません。
(普通の保育所は仕事や介護など預ける理由が限定されており、母親のリフレッシュの為の預かり保育はNGです。)

ファミリーサポートや認可外一時保育所は、少しお金がかかりますが、これで次の日からママが気持ちよく子育てできるなら必要経費です!

1時間でも2時間でもいいので子どもを預けて自分だけの時間を作りましょう。

預けた時間は、美容室に行ったり、買い物をしたり、お友達とおしゃべりしたり、スポーツを楽しんだり…自分の楽しめることなら何でもOK!

普段我慢していることを思いっきり楽しんで、子育ての疲れをリフレッシュしましょう。

【まとめ】

このようにリフレッシュに挙げたものに共通することは、

「体の疲れをとる」

「環境をかえる」

「普段我慢していることをやってみる」

「子どもの事は少し横において、何かに没頭する」

この4つです。

こまめにリフレッシュしながら、子育ての疲れはなるべく溜め込まないようにして、子育てを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です