Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

子育てしながら働きやすい仕事を選ぶ5つのポイントとは?

「子どもが生まれても仕事をしたい」
そんな思いを持った女性が増えてきました。
子育てしながら働きやすい仕事を選ぶポイントと、おススメしたい職種についてお伝えします。

仕事をするということは、お金目的だけでなく、
自立の一歩だったり、子どもに振り回されない時間を持つ為だったり、目的は様々。

目的に応じて仕事を選ぶというのはこれまでの就職活動と一緒です。

でも子育て中の仕事探しは、子育てしながら働きやすいかどうかも選ぶ基準に含める必要があります。

【子育てしながら働きやすい仕事を選ぶポイント】

① 自宅から近い

出勤前と出勤後は自宅でたくさんの家事育児が待っていることを考えると、移動に時間を費やすのはちょっともったいないです。

もちろん近くにほとんど求人がなかったり、お給料との兼ね合いで、電車通勤となる場合はあると思いますが、なるべく近い場所を選びましょう。

子どもの急な体調不良でお迎えに行くときもすぐに対応できますし、
電車がトラブルで動かないとなった時も、なるべく近かったら別の移動手段などで子どものお迎えに向かいやすいです。

これは職場の環境にもよりますが、近所なら普段の授業参観や個人面談などは

「1時間だけちょっと仕事を抜けて行く」

という手段を使えるので、学校行事参加で仕事への影響を少なくできます。

② 平日昼間の勤務

保育園も小学校も基本は平日の日中のみ。

夜間保育や土日の保育をやっている所もありますが、数はかなり限られており、そこに入ることが難しかったりします。

ただし、旦那さんやご両親などのサポート具合でこの条件は重要度が変わってきます。
旦那さんやご両親のサポートがしっかりある人は、子どもがいても夜勤のある病院で看護師を続けたり、週末出勤の多い販売員を続けたりしているママさんもいます。

もしこのような周りのサポートが不確実な場合は、平日昼間のお仕事に絞りましょう。

③ 子育てに理解のある職場

立地条件と勤務時間がクリアした求人の中で、次に重要視するのが職場の理解です。

これは求人募集に「家庭や育児との両立しやすい環境です」などが記載されていればわかりやすいのですが、記載が無くても子育てに理解のある職場はたくさんあります。

これは面接に行って、実際に職場の雰囲気を見てみる必要があります。

④ 同じ境遇のスタッフがいる

面接時、同じような子育て中のスタッフがいるかどうか、聞いてみましょう。

同じ子育て中のスタッフがいれば、理解のある職場である可能性は大です。

もし実際仕事を始めてみて、
理解のない職場だということがわかっても、同じ境遇の人がいれば、協力し合って続けることができます。

⑤ 大人数で同じ仕事をやっている

子育て中は、子どもの急な体調不良や、台風などの接近によって、
子どもを迎えに行かなければならない時が必ず出てきます。

これはいつ起こるか予測がつきません。
(予兆を感じることはできますが、休む事になるかどうかはその時になるまでわかりません。)

 

急に休むとなった時に、大人数で仕事をやっていれば職場も影響が薄まるので、子育てに理解してくれやすくなります。

また、シフト制の場合も大人数でシフトを組んでいる所なら、代わりのスタッフを探しやすいですよね。

50人が49人となる場合と、5人が4人になる場合では、明らかに前者の方が影響が少ないという事です。

いつでも自分が抜けられる環境というのは、
仕事へのやりがいを感じづらくなる場合もありますが、「職場になるべく迷惑をかけない」為には割り切りも必要です。

【子育てしながら働きやすい仕事】

① 事務センター、コールセンター

○○センターと呼ばれる場所は大人数で同じ仕事をする場所なので、急な休みも言いやすく、
平日昼間の仕事なら他のスタッフも子育て中の仲間が多いです。

② 軽作業・製造スタッフ

これも大人数の職場が多く、さらに時間の融通もききやすいです。
簡単な作業が多いので、未経験者でも気軽に始められるものポイントです。

③ レストラン

平日のランチタイムは子育て中のママが大活躍している職場です。
シフト制なので、仲間同士「お互い様」の精神で急な休みなどもシフトを変わったりと助け合う雰囲気の職場が多いです。

④ コンビニ・スーパー・百貨店

特にコンビニやスーパーなどは、どんな地域でもあるので、近所で探しやすいです。
レストラン同様、平日昼間は子育て中ママが働いている場合が多く、仲間同士で助け合いやすいです。

⑤ 在宅ワーク

なかなか決まった時間働きに行くのが難しい方や、
子どもを預けずに隙間時間で働きたいという方は在宅ワークがおススメです。

内職のような軽作業の仕事もあれば、パソコンでデータや文章を打つ仕事など様々です。

【まとめ】

いかがでしょうか?

これまでバリバリ仕事をしていた女性は、
この条件に当てはまる仕事は物足りなく感じるかもしれませんし、
一旦仕事を辞めて復職を目指す女性にとっては自分が働けるかどうか不安に感じるかもしれません。

どんな仕事でも、本人の頑張り次第で続けられると思いますが、
こちらに挙げた条件に当てはめて仕事を探すと、
自分にも周りにも負担が少なく、子育て中でも働きやすい仕事にめぐり合えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です