子連れでいざ海外旅行!フィリピンがおすすめな理由と過ごし方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本文上

海外旅行に行きたいけど…子どもが小さいし無理かな…と思っているお母さん方!
実は今海外旅行はとっても身近になってきているのです。

昔の海外旅行のイメージは払拭しましょう!

今はお値段も手頃~少し頑張れば何とかなっちゃう!額になってきました。

渡航時間に変化はあまりありませんが、機内サービスや空港内の設備なども充実しました。

旅行先や日程に無茶をしなければとても楽しめますし、お子さんにとってもいい経験になる事間違いなし!ですよ。

我が家も海外旅行に行くために、子どもが生まれてから何年も行先や旅行会社を比較して
やっと海外旅行に行ったときは上の子が3歳、下の子は2歳でした。

そんな中少し背伸びをして出かけた先はフィリピンでした。

今回は海外旅行に行くきっかけになるように、子連れ旅行ならではの不安や現地での過ごし方 日程などをご紹介します。

スポンサードリンク

旅行先はどうしよう?過ごしたいプランは?

まずはどんな所に旅行したいか考えましょう。

お子さん自身で行きたい場所があれば、もう行先は決まったも同然でしょうか?
まだ小さい場合はあまりアクティブすぎると疲れるだけの旅行になってしまいますよね。

テレビで見たあの場所へ行きたい!もいいかもしれませんね。
我が家も行きたい場所は山のようにありましたが…選んだ場所は…

フィリピン!です!
綺麗な海でのんびり~が願望だった我が家はビーチリゾートで検索…
グアムやハワイなども魅力的だったのですが、我が家がフィリピンを選んだ理由は
物価が安い! 時差が少ない! ツアー代も安い!です。

我が家では海外旅行に物価を検討するほどの節約海外旅行だった…のかもしれません。
ですが物価が安かった分、いろんな体験ができました。

もし少しでも節約したい!沢山買い物したい!などがあればフィリピンはおすすめですよ。

現地での過ごし方は?

現地でどんな風に過ごすのか、それは旅行の本質ですが
我が家ではとにかくのんびり過ごしたかったのでフィリピンのセブ島を選択し、ホテルを起点としての旅行でした。

基本的にはホテル内のプールやレストランで過ごし…もちろんキッズルームなどもあります。

ホテルのプライベートビーチや、お母さんにおススメのスパもホテル内にあります。
ですが実を言えばホテル内のスパは少し高いですし、レストランも現地価格でいえば高いです。

言語がなどに不安がなければ外へ出て食べたほうが安いですし、スパも沢山お店があります。
お子さんを旦那さんに預かってもらって、スパに行くのもいいですね。

さて少し話がそれてしまいましたが、ホテル内にはたくさんの施設があるので
お子さんと一緒にも楽しめますし、プールはホテルごとによって違いがありますので
スライダーをやりたい!などアクティブに遊べるお子さんはいいかもしれませんね。

レストランも現地の料理店や中華やイタリアンなど、選べるところがいいですし
ルームサービスが取れるホテルも、もちろんあります。

宿泊中に一度くらいは外で食べるのもおススメです。

現地で気を付ける事!

現地では当然ですが日本とは違うので夜間の外出は極力控えてください。

どうしても…の場合はタクシーを使ってください。
決して女性一人やお子さん一人で外へ出ることがないようにしてください。
リゾート地でも観光地でも、日本とは違うということを頭に留めておいてください。

フィリピンでは客引きがすごく多いです。
片言の日本語で話しかけてきますが、断るか無視してください。

日本では考えられないかもしれませんが、かなりの値段でふっかけてきます。
毅然とした態度で無視をするしかありません。
下手に話を聞いてしまうとかなり強引に話を勧められてしまいますのでご注意を。

現金は分けて持ち歩くか、最低限の現金だけを持っておくようにして
なるべくカードを使いましょう。
現金を持っているときはむやみに荷物から手を放したり、どこかに置いたりしないようにしましょう。

お子さんからも目を離さないようにしてください。
いつも以上に気を付けていないと、誘拐などもありますので注意してください。

日程は無理をしないで!

お子さん連れでの海外旅行は日程にも気を付けましょう。

無理をすると帰ってきてから体調不良を起こしたり、現地での体調不良もあります。
乗継なども含めて、無理のないように日程を組みましょう。

おススメの観光時期は旅先によって変わりますし、家族で長期休みが取れる時期によっても変わります。
なるべく長いお休みの中で無理のない日程を組めるといいですね。

まとめ

今回は我が家が行った事のあるフィリピンについてご紹介させていただきましたが、家族の数だけ旅行プランもあります。
ぜひ海外旅行も視野に入れてみてくださいね。

素敵な旅行にするためには下調べは大事です。
旅行会社やツアー内容や行先などは比較をたくさんしてから決めてくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする