Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

ニホンミツバチのはちみつが「幻のはちみつ」と言われる理由とは?

ニホンミツバチのはちみつは大変貴重なため、「幻のはちみつ」とも言われます。

どうしてニホンミツバチのはちみつはそんなに貴重なはちみつなのでしょう?

ミツバチが一生のうちに集めるはちみつはどのくらい?

まず、ミツバチが毎日花に蜜を集めに行って、
どのくらいのはちみつを集められるのでしょうか?

皆さんは結構沢山集めると思いますか?

 

ミツバチが幼虫から成虫になって働き出してから蜜を集めだし、
死ぬまでにどのくらいのはちみつを集めるかというと、

 

およそティースプーン1杯と言われています。

 

生まれてから死ぬまでに、ミツバチは晴れの日も雨の日もひたすらはちみつを集めます。

ニホンミツバチのはちみつが「百花蜜」と言われる理由

セイヨウミツバチに比べて体の小さなニホンミツバチは当然1匹が集めるはちみつも少なくなります。

セイヨウミツバチははちみつを効率よく集めるため、巣に近い花の蜜を集めます。

その習性を利用すると、
レンゲのはちみつとか、アカシアのはちみつのようにある特定の花のはちみつを取ることができます。

それに対してニホンミツバチは巣の近くに花があってもその花に集中せずに、
いろいろな花の蜜を集めに行きます。

およそ1キロ先位まで蜜を集めに行きます。

 

一つの花に集中しないので、いろいろな花の蜜が混じったはちみつになります。

そのため、ニホンミツバチのはちみつは「百花蜜」とも言われます。

同じ味のハチミツを意図的に集めるのは、ニホンミツバチでは大変難しいことです。

効率よくセイヨウミツバチははちみつを集めるために、
花がたくさん咲いている時期には何度もはちみつを採取することができます。

それに比べてニホンミツバチは、
効率よくはちみつを集めないため巣に貯めるはちみつも少なく、1年に1度しか採蜜できません。

 

この習性は、ニホンミツバチがこれまで生き残ることができた理由にもなっています。

一つの花に集中しないため、
例えば農薬をかけてある花が巣の近くにあったとしても、農薬で巣が一度にダメになってしまうことが防げます。

巣にいる蜂の数にも大きな差が!

蜂の数もセイヨウミツバチに比べて、ニホンミツバチは半分程度しかいません。

その結果、セイヨウミツバチに比べて、
ニホンミツバチの巣から取れるはちみつは数分の一程度になります。

ニホンミツバチのハチミツが「幻のはちみつ」と言われるのは、
蜂の習性で集めるはちみつの量が少ないからです。

集めるはちみつの量は限られていますが、その味には独特のコクがあります。

大変貴重なはちみつなので、
店頭で値段を見るとセイヨウミツバチのはちみつに比べて高くなっています。

まとめ

日本ミツバチのはちみつを味わうためには、高い値段を出して購入するか、
自分でニホンミツバチを飼い、貴重なはちみつを採取するしかありません。

ニホンミツバチは養蜂業者でなくても
趣味で飼っている人もいるくらいなので、自分で飼育することも可能です。

飼い方や蜜の取り方をこのブログで紹介していきます。

日本ミツバチの入手方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です