Your SEO optimized title

大阪なおみが国籍を日本にしているのは日本に恩義を感じているから

大阪なおみが国籍を日本にするのは日本に恩義を感じているから

大阪なおみ選手が2019年1月26日の全豪オープンテニスで優勝して日本中が祝福しました。
日本語よりも英語が上手なようにアメリカの生活の方が長い大阪なおみが国籍を日本にしているのは恩義をを感じているからです。

大阪なおみは二重国籍だけど日本人

大阪選手の母親は北海道出身の環さんで、父親はハイチ出身のフランソワさんです。
3歳まで大阪にいましたが、その後アメリカで生活をしています。

そのため、試合後のスピーチも日本語よりも英語の方が得意なんです。

大阪なおみは日本の国籍とアメリカの国籍の両方も持つ二重国籍です。
22歳までは2か国の国籍を持てますが、今後はどちらかに選ぶようになっています。

現在まで大阪なおみが日本国籍にこだわっているのは
日本でテニスのサポートを受けた感謝の気持ちを持っているからです。

大阪なおみのジュニア時代

ジュニア大会に出ているころにフランソワさんはアメリカのテニス協会にサポートを頼みました。
大した成績も残していない大阪なおみはサポートを断られれてしまったそうです。

対して、まだ無名で東レ・パンパシフィック大会の予選で敗退してしまいましたが、
15歳の大阪なおみの可能性にに釘づけになったのが日本のコーチ陣でした。
当時女子代表の吉川コーチはその才能にビビッときたそうです。

それから味の素の練習場で技術を高められるようなサポート。
日本の大会に出場する時は頻繁に連絡を取って大阪なおみを支援をすることを続けました。

コーチ陣が感じていた大阪なおみ可能性は本物でした。
数年後、大阪なおみは頭角を現し、大きな大会で実績を残すようになります。

これまで大阪なおみに注目していなかったアメリカですが、
自国の選手になってほしいとアプローチをかけたり、高額な支援を申しでます。

大阪なおみは国籍を日本とアメリカのどちらかにする選択に迫られます。

父親のフランソワさんは実績のない時代からサポートをし続けてくれた日本に感謝の気持ちをもっています。
その結果、大阪なおみは国籍を日本にしているということです。

まとめ

全豪オープンで優勝して世界ランクも1位に大阪なおみはなりました。
これまで日本は伊達公子の4位が最高でしたが、日本の歴史が変わりました。

大阪なおみは昨年の全米オープンに続いて全豪オープン優勝です。
4大大会を2大会連続で優勝したのはセリーナ依頼2人目です。
日本開催のオリンピックでもぜひ日本国籍で出場してほしいです。
まだまだ大阪なおみフィーバーは続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です