プリウスの中古車を購入後に後悔しないための事前のチェック項目!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本文上
プリウスの中古車を選ぶ時のポイント

非常に燃費に優れたTOYOTAのプリウスです。中古車でも十分に買う価値のある車です。

年式も新しく、走行距離が短い中古車のプリウスは、外観も綺麗な状態ならば、その中古車の市場価格も高値圏にあると思います。

ここでは、プリウスのユーザー(Sツーリング)である、私から中古車を買う時のポイントを紹介します。

なお、中古車の外観、キズなどの一般的な中古車の記述は、購入検討者の好みもあるので、そこは避けて、
ハイブリッド車の一般的なホームユーザーからみた中古車選定のポイントを記述したいと思います。

私の車は、平成9年式30型前期モデルのSツーリングで、
その走行距離は、15.5万Kmで、その走行も主に高速道が主でした。

購入当時の燃費は、約25Km/Lで、8年目の現在は17-8Km/Lとなってます。

この使用状況での感想となりますので、その辺りは承知おき下さい。

スポンサードリンク

チェックするポイント

バッテリーをチェック

まず、基本的にはハイブリッド車ゆえにメインバッテリーが、
一番気になるところと思います。

TOYOTAの基本機能の保証は、
5年または10万キロ保証であるので、ここが一つのポイントとなります。

実際使用中の私からみると、非常に信頼性の高い車であり、
中古車と言えど折角高いお金を払うのだし、基本保証が欲しいと思われる方は、
初回車検落ちの車で10万キロ以内で、3年経過した中古車となれば、後2年間は、保証が得られることになります。

この場合、中古車市場もそこそこの価格と思います。

いや、今のTOYOTAの車なら大丈夫と思われるかたは、5年落ちの中古車と言うことになると思います。

ただ、5年落ちでも前のオーナーの乗り方となりますが、私のように5年で10万キロを走破したとなると、
6-7年目でその走行距離から年々燃費が悪くなってきてるように、燃費を考えるなら、購入は控えた方が良いかも分かりませ。

前オーナーがサンデードライバーのような乗り方で走行距離が少ない場合は、問題ないと思います。

前述の実走行において、メインバッテリーの取り換えを行っていないことから、15万キロ前後から燃費が、20km/Lだったのが、急に17-8Km/Lと燃費が悪くなってます。

ただ、私の場合は、この燃費でも十分満足しているので、交換はしていない理由で、参考になればと思い追記します。

点検記録をチェック

それと、点検記録があるか否かも大事で、
ハイブリッド車の場合、その機能は、民間の車検・点検会社では、
ハイブリッドの専門的な機能点検を実施してるかどうかも疑念を持つ必要もあるので、
ここは、正規ディーラーで保守点検してるが大事と思います。

ディーラーの場合、定期的にメインバッテリーの点検も行っており、
昨今のディーラーも顧客層の取り込みか、逐一従来に増して、作業内容の説明を機能劣化部品があれば、
速やかに、その報告と修理意思の確認に来ており、顧客サービスの向上の一環が見られます。

よって、ハイブリッド車ゆえに私自身が分かっていないところもあるので、
過去すべてディーラーで保守点検を実施し、
何事もなく15万キロを走破したので、非常に安心して点検を任せている次第です。

簡潔に言えば、保守点検がしっかり行われてる、ディーラー車の中古車と言うことになりますが、
やはり、高価なお金を払うこともあり安心して購入できると思います。

それと、年式も関係ない、走行距離も関係ないとと思ってる方には、
やはり、私の車が15万キロ当たりから燃費が悪くなってきたように、
燃費を気にされる方は、バッテリーの交換時期(メイン、サブ共)を確認しておいた方が、
後々のバッテリーの交換による修理費が抑えれると思います。

メインバッテリーは、正規品で、16万程度、リビルド品で14万程度。

サブバッテリーは、3万程度。

以上のおおよその修理代が発生するので、
走行距離・年数を鑑み、取り替えてなければ、その費用も加味し中古車を評価すると良いと思います。

安く買って、後に直ぐにバッテリー交換、メインバッテリの劣化で燃費が悪くなったなど

後悔しないように、この辺りは少し中古車の保有年数・走行予定を慎重に検討した方が良いと思います。

燃費の低下

私の場合、現在燃費が25(初年度)→20(5年目)→17Km/L(7年目)となっており、
走行と年数を重ねると、燃費も悪くなっているので、1リッター130円として、
年間走行20000Kmとすると年間約20000円ガソリンの節約となります。

走行距離が長い方で長期に保有する方は、早めにバッテリー交換をした方が性能維持も図れ得策かと思ってます。

実際、来年には17万キロ程度になってると思うので、そろそろメインバッテリーは交換時期かと思ってます。

まとめ

ハイブリッド車中古車は、その特徴的な、バッテリーを主に記述しましたが、
後は、一般的な、外観、事故車の有無、足回り、ハンドル回り、装備などは、
個人の主観・嗜好もあるので割愛します。

プリウスの場合は、やはりそのバッテリの性能が検討の一つと考えるので、年式、走行距離が重要な検討の一つと思います。
あなたの車は下取りだと買取よりも損をしてしまうかも?
簡単に無料査定できるので査定をして車の価値を知ってから下取りに出すことをおすすめします。

》》プリウスの燃費が驚愕!無給油でどこまでいけるかはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする