Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Your SEO optimized title

サタデープラス|インフルエンザが9月に流行の理由!予防は歯みがき

サタデープラス 9月にインフルエンザが流行する理由と予防は歯みがき

9月22日のサタデープラスでインフルエンザの情報が紹介されました。通常はインフルエンザは冬に大流行します。その結果、学校では学級閉鎖が行われることがあります。
今年はちょっと様子が違うようですよ。すでに22の学級閉鎖が行われているそうです。9月にインフルエンザが流行する理由と予防法を紹介します。

インエンザが流行している理由

9月なのにインフルエンザが流行するにはいくつかの理由があります。

インフルエンザが南半球からの旅行者から運ばれてくる
日本と気候が反対の南半球は現在冬期です。冬期に流行するのは南半球も同じです。

現在、訪日する旅行者は今年の7月だけ見ても283万人います。
日本人が南半球に旅行に行ってインフルエンザウィルスを持ち帰ることもあるので、かなりのインフルエンザウィルスが国内に入ることが考えられます。

医師も見逃してしまう
この時期にインフルエンザが流行するとは医師も思っていないので、患者をインフルエンザと疑うことがなく、「体調不良は単なる風邪」と診断されてしまうことが多いそうです。
これがインフルエンザを病院に行っても防げない理由。

インフルエンザを予防するワクチンがない
インフルエンザウィスルの予防接種ができるのは例年10月頃からです。
9月に予防接種をうっている人は誰もいないので予防するのは難しくなります。

インフルエンザの予防法

テレビで紹介されていたのは何と!歯みがきです。
口から入ってきたインフルエンザウィルスが口の中が汚れているとそれを餌にして増殖します。
少しでも体内に入る菌を減らすことは予防になります。
歯みがきは1日4回(朝飯後、昼食後、晩御飯後、就寝前)行うと良いと紹介されています。

その他にも基本ですが手洗い・うがいは効果があります。
手洗いですが、しっかり手を洗う時に忘れがちなのは指の間や爪、手首まで洗うと効果が高まりますよ。
緑茶も予防になります。カテキンがインフルエンザの増殖を抑制してくれます。

《 インフルエンザを検査をするタイミングはいつがいいの? 》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です