小学生が引っ越しするベストなタイミングはいつ?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保護者の転勤、新築など引越が必要なった時、子供が小学生の場合は引越をするベストなタイミングはいつでしょう。

1年の中でいつ引越をするのがいいか?と何年生の時に引越をするのがちょうどいいか?を紹介します。

スポンサードリンク

1年の中で引越しにベストな時期

学習内容から引越のタイミングを考える

転校先の学校がどのような学期制をとっているのか?が大切です。

学校によって3学期制や前期後期の2学期制と学期の切れ目が変わります。

1年の中で考えるなら、やはり学期の切れ目がちょうどいいです。

3学期制でも2学期制でも4月はタイミングとしてはちょうどいいです。

夏休み明けや冬休み明けなどの長期休みの最初もいいです。

学期制の異なる学校に転校する心配として、学期によって学習のカリキュラムを組んでいるために未履修の単元ができてしまうことがあります。

学校の行事から引越のタイミング考える

運動会や音楽会の直前の引っ越しだと練習不足で学級の発表に入りづらいです。

1ヶ月ほどは練習をして発表を向かえるので大きな行事の前1ヶ月ほど前には転校したいです。

6年生で行う修学旅行も同じで、ある程度時間をかけて事前学習を行います。

修学旅行の後のまとめ学習も行ったあと1ヶ月くらい行うので、修学旅行直前あるいは修学旅行後の引越はできるだけ避けたいです。

PTAの役員決定から引越のタイミングを考える

学校によって役員を決める時期が異なります。前年度の最後の参観日の時に、次の年度の役員を決める学校。4月の最初の参観日に役員を決める学校。クラス替えのある時は3月の終わりか4月の学級発表があってから役員決定を行います。

4月以降の転入の場合は、その年は役員がまわってくることはないでしょう。

学期制も学校行事も引越先の学校に問い合わせれば相談にのってくれます。

小学校に入学後の引越しのタイミング

子供の発達段階から引越のタイミングを考える

幼稚園から小学生にあがる子供、中学生になる子供まで6年間で大きく心も体も成長します。

子供の成長から引越を考えた時にベストな引越の時期は、その子の性格も加味して考えた方がいいです。

社交的で誰とでも仲良く出来るような場合

高学年の引越でも転入後にスムーズに学級に馴染みやすいです。

高学年になればある程度人を見る目ができているので、自分と気が合いそうな人、自分に親切にしてくれそうな人、勉強ができる人、意地悪そうな人など判断することができます。

社交的な子供は自分から新しい環境に入っていけるので、友達作りの面ではそれほど心配しないで大丈夫です。

内向的な性格な場合

高学年のある程度人間関係がある程度できた中に入っていくのは難しくなります。

周りの子供が転校生を引き入れてくれる優しさのあるクラスだと心配ありませんが。友達作りが苦手で心配な場合は学校にそのことも伝えると転校先の学校で配慮があるかもしれません。

内向的な性格な場合は、高学年の引越しよりも低学年の引越しの方が学級に溶け込みやすくなります。

引越後の学校の事情から引越のタイミングを考える

クラス替えから考えたベストな引越の時期

小規模の学校でない限り、数年ごとにクラス替えを行っている学校が多いです。

学級ごとの学力や運動能力、リーダー性などを等質にするため。担任と子供や子供同士の人間関係をリフレッシュするため。などの理由からクラス替えを行います。

そのタイミングが2年ごとであったり、3年ごとであったりします。

学級替えのある4月に引越をした場合、学級替えをしてクラス全員が転校生のような雰囲気でスタートする中に入るので馴染みやすいです。

引越後に1番心配なのは友達ができるか?ではないでしょうか。

人間関係が出来上がっている中に入るよりもリセットされた人間関係の中に入る方がスムーズに学級に入りやすいです。また、クラス替えの4月や5月は学級づくりを考えて、担任も人間関係作りに力を入れます。

2年ごとにクラス替えがある学校の場合は、お子さんが3年生になる時と5年生になる時になります。

3年ごとにクラス替えがある学校の場合は、お子さんが4年生になる時になります。

何年ごとにクラス替えをするかは、転校先を考えている学校に問い合わせると教えてくれると思います。

引越は3月にする場合も、転校が決まっている場合は年が変わった1月か2月には連絡をした方がいいです。その頃から学校も新しい学級を編成し始めるからです。

学校同士で連絡をし合ってくれますし、転校生の様子も知った上で編入学級を考えてくれると思います。

小学校に同じ保育園の友達がいない不安

初めて小学校に入学する時に引越をした場合、同じ保育園の人がいない場合があります。

その地域のいろいろな保育園から子供達が集まってきますし、同じ保育園の人がいない場合でも1年生はすぐに仲良くなることが多いです。

しかし、なかなか学級に馴染めていないようであれば早めに担任の先生に相談することをお勧めします。

不安なのは学級の中に知っている保護者がいないことではないでしょうか。

最初の参観日に学級の保護者の方と顔を合わせることになると思います。自己紹介をして他の保護者の方とすぐに知り合いになりたいと思いますが、特定の方と慌てて親しくならなくてもいいと思います。仲良くなった子供の保護者同士付き合いも多くなっていきます。時間はかかりますが親しい保護者もできていきます。

保護者同士のトラブルも最近は多いですし、保護者同士付き合っていくうちに何か違うなと思っても親しくしてもらった人を避けるわけにもいきません。

最初は分からないことが多いと思いますが、担任か学級役員の長の方に聞く方が無難かもしれません。

保護者の立場から引越時期を考える

保護者として学校に協力するPTA活動があります。学校によって、PTAの規約が異なります。

小学校に入学してから1度何かの役員をやった人は卒業まで役員を免除される学校。

子供が少ないために1度役員をやっても再度やらないといけない学校。

中には、部長など大きな役員をやった場合は、兄弟の時も免除になる学校もあります。

1度役員をやった人は卒業までやらなくて良いPTAの学校の場合は、低学年の時に役をやりたがる人が多いです。年度末の役員決定の時は希望者が多く、くじで決めたりじゃんけんで決めたりするほどです。

そのため、高学年の転校だと役員をやっていない人が減るので役がまわってくる可能性が高くなります。もちろん、転校生の保護者は学校の様子がよく分からないので、「免除で良いんじゃない?」という温かい雰囲気の学級もありますが。

PTAの規約については学校に問い合わせれば教えてもらえますが、転校先の学区で知り合いの人がいればその人に聞く方が聞きやすいと思います。転任であれば、前任の方に小学生がいれば詳しく教えてもらえます。

小学校に入学前の引越の手続き

引越が決まったら引越先の教育委員会に連絡します。すると通学する学校を教えてくれます。

学校と学校の境界の地域の場合は確実に通学する学校の確認が必要になります。

通学する学校が決まったら、相手先の学校に連絡をしましょう。

特に1年生の場合は、準備する物や健康診断や発達検査など他の学年の転校とは違うことがいくつもあります。引越が決まったら早めに連絡しましょう。

引越時期を考えて、節目の時まで引っ越した後も元の学校に通う。あるいは引っ越していないけれど引越後の学校に転校するなどの越境通学も教育委員会で相談にのってくれます。

まとめ

小学生の転校の時期を選択できる場合は、お子さんの性格を考えた上で、転校先の学校のクラス替えのタイミングやPTAのことを考えて選ぶ事をおすすめします。

1番は子供が転校後に楽しく学校に通ってくれる事だと思います。

転校が決まるとどの子も不安になり、気持ちが不安定になることがあるので沢山話を聞いてあげてください。

子供の英語の発音はディズニー映画をある使い方をすると驚くほどよくなります。子供の英語の発音がよくなるちょっとしたコツを紹介します。
スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています