運動会 音楽会 遠足のお弁当!行楽弁当のトレンドのおかずは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏はあっという間に過ぎ、秋になると運動会音楽会
遠足などお弁当を作る機会が増えると思います。
お弁当って子供のうちはワクワク、期待していますよね。
でもお弁当は料理と少し違って、蓋を開けた時の彩りや崩れないかなど。
もちろん冷めても美味しいことが大事ですよね。
こうやって考えてみると、温かい夕飯を作ってその場で食べるよりも何倍もお弁当の方が大変に感じます。
我が家は毎日パパがお弁当を持って仕事に行くのですが、パパのお弁当と子供たちのお弁当では中身も違いますし量も違うので工夫が必要になります。
キャラ弁を作ってあげるお母さんも今は多いかと思いますが、我が家ではキャラ弁と言っても簡単なものやピックだけで済ませ、なるべく食べ物のそのままの美味しさや見た目が出るようにしていますので今回はキャラ弁の作り方ではなく、おかずの工夫や人気のおかずを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

食べ物の美味しさはそのままに

食育 という言葉をよく聞くようになりましたが、私はその食育をとても大事にしています。
食べ物の美味しさやありがたさを理解してもらうために仕込みの段階から手伝わせます。
結構頼りにするとノリノリでやってくれるので助かっています。
例えば唐揚げなどは前日から仕込んでおかないと味が染み込まないので、大変ですよね。
他にも揚げ物類は前日からの準備が大事になりますよね。
我が家は子供たちの希望を聞いて、なるべく合わせて用意しますが
揚げ物ってお弁当の定番ですから、唐揚げや海老フライ 春巻き などをランダムに入れてあげます。
お弁当って蓋を開けたときの感動が大事ですので、好きなものが入っていると嬉しいですよね。

食べ物の美味しさはそのままに。
定番のおかずはやはり定番。子供が喜んでくれる定番なのです。
他にオススメのおかずとしてはハンバーグやミートボール。
こちらも前日に仕込んでおかないと間に合いませんよね。
面倒かもしれませんが、子供にとって冷凍食品よりもお母さんが手作りしてくれたおかずの方が当然嬉しいはずです。
年に何回かのお弁当ですから、美味しいものを食べさせてあげたいですよね。

彩りで決まる!お弁当

皆さん一度は聞いたことがあると思いますが、彩りはとても大切です。
赤 緑 黄色 茶色をバランスよく詰めないとお弁当は綺麗と感じません。
この三食が入っているのといないのとでは結構見た目に差が出るものです。
定番で言えば、はトマトやウインナー
黄色は卵 緑はキュウリやレタス オクラなどの野菜ですね。
この辺りは定番と言っていいでしょう。
で言えば、レタスを敷いておいたり キューチクですね。
ちくわにきゅうりを入れておくなどですかね。
黄色は玉子焼きやゆで卵ですね。
我が家はゆで卵を嫌うので、玉子焼きが定番ですが中に海苔を入れて焼きます。
海苔は味付け海苔を使いますので、下味をたくさんつけなくてもOKですし
海苔が切り口で渦になっているので見た目もいいです。
トマトは基本プチトマトを使います。ピックなどを刺して食べやすさも重視。
人参を使っても綺麗だと思います。
型抜きでくり抜いてあげれば、可愛いですし彩りもいいです。
我が家の裏技ですがミックスベジタブルを使った彩りとして人参 コーン グリーンピースをピックに交互に刺していきます。
それだけで三食が同時に入れられますよね。
結構隙間にも入りますし、バターで炒めておけば味も優しいですよ。

かわいいお弁当グッズを使おう!

子供たちへのお弁当は彩りや美味しさの他に可愛さも欲しいですよね。
ピックやカップなど、可愛い柄の物が今はたくさん売っています。
おにぎりラップなどもキャラクター物があったりと、種類も豊富ですよね。
100円均一に行くと、お手頃価格で可愛いものがたくさん売っていますし
キャラクター物も売っています。
好きなピックやカップを一緒に選んで、お弁当につかえばお子さんも大喜びですよね。

お弁当は他の味 隣に置いたおかずの味が移ってしまうことがありますからカップで仕切ってあげた方がいいと思います。
バラン という草の仕切りですが、これは最近シリコンで出来ているものが売られています。
結構しっかりしていますし、洗えば使えるのはエコにもなっていいですね。
我が家ではサンドイッチは基本生物は避けて、ホットサンドを作るようにしています。
これは結構オススメで、可愛い柄のパンができたり冷めても美味しいと二拍子でオススメですよ。

まとめ

お子さんが楽しみにしているお弁当。栄養バランスよく、彩りよく、かわいく、美味しい。
なかなか全て揃えるのは難しいと感じる方も多いかと思いますがちょっとの工夫でレパートリーは増やせます。
下ごしらえなどをしておけば当日の朝、慌てなくて済みますので頑張りましょう。
お子さんの食育にもなりますし、お友達とお弁当を見せ合ったりもします。
頑張って素敵なお弁当を作れるといいですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする