Your SEO optimized title

子供の防寒着の選び方のポイント!雪遊びに必要なグッズを大公開

冬が近づいてくると、気にかかるのが冬遊びグッズではないでしょうか?

雪が降る地域ですと、どうしても子供は遊びたがってしまいますし 保育園などでも雪遊びの時間が設けられています。

雪が降らない地域ですと、年に一度くらいは雪遊びをさせてあげたいのでスキー場へ行ってみようかな…と思う事もありますよね。

我が家の子達も雪遊びが大好きなので、初雪が降ると毎年お祭り騒ぎになります。

寒いのにな…と思うのですが関係ないと言わんばかりに雪遊びを楽しんでいます。

保育園でも同様に雪遊びをする時間が設けられて、毎日ビショビショになって帰ってきます。

もちろん防寒着ですが…。

手がしもやけになる事もありますが、それでも楽しんでいますし

忘れてしまうのか、次の日にはまた雪遊びを始めます!

そんな雪の子たちには、雪遊びのためのグッズが必須になりますよね?

どんなグッズがあればいいのか、どんなグッズが使えるのか…そんな疑問に寒冷地在住の我が家がお答えします!

年に一度だけスキー場へ行く!方にもオススメのグッズとなりますので参考にしてくださいね!

防寒着はスノージャンバー!

呼び名がいろいろあって困るのですが、要はスキーウエアですね。

ジャンプスーツともいうようです。

他にもスノースーツなども呼ぶようですが…わかりにくくなってしまいますのでスノージャンバーで通したいと思います。

上下がつながっているタイプと分かれているタイプが販売されています。

サイズが大きくなってくると分かれているタイプが多いような気がしますね。

これは雪遊びには必須です。

私の地域ですと、保育園でも雪が降ったら持参しなければいけないことになっています。

それほど必需品と言っても過言ではないでしょう!

これは防水加工になっているものと、防水加工はされていないものの暖かくて多少は防水になっているものがあります。

スノージャンバーを選ぶ際は、まずは中が起毛になっているものを選びましょう。

起毛かそうでないかで暖かさがかなり変わります。

子供は風の子…もとい雪の子と言っても寒いものは寒いですし
風邪をひいてしまってはいけませんので起毛のものを選んであげてくださいね!

防寒着は表の生地に着目しましょう

完全防水加工のものはお値段も高くなりますが、長時間遊んでも中の服が濡れることはありません。

私は日本企業の、洋服ブランドで発売しているものか もしくはスポーツブランドのスノージャンバーを買います。

防水加工がきちんとしていないと、中が暖かくても濡れてしまって直ぐに寒くなってしまいます。

汚れもかなり目立ってしまいますし、オススメしません。

ちょっとお値段は張りますが、完全防水加工のものを選んであげてください。

サイズは少し大きめに買ってあげないと、中の服を着込んでしまったら動きにくくなってしまいます。

我が家はワンサイズ大きいものを買いますが、試着して見ることが一番大事ですので試着は必須ですよ!

それから足元などの裾ですが、これはゴムが入っていて袖口が絞ってあるものがいいでしょう。

雪の侵入を防いでくれますからね。

年に一度しか使わない…などであればスキー場でレンタルした方が安上がりですよ!

防寒グッズの小物編!

どこまでを小物として評価するのか…という問題はありますが

私の中での防寒小物は 帽子 靴 手袋 靴下ですね。

ではまずは帽子から紹介します!

帽子は好みもあると思いますが、基本は耳まで隠れるものが一番いいと思います。

首まですっぽり入る帽子などもあると思いますので理想はそれがいいのですが

なにぶん大きくなってくるとサイズ的にも商品のバラエティがなくなってしまうのが残念です。

ですが大事なのは、耳が寒くないか 首が寒くないか です。

ここが寒いと風邪をひいてしまいますし、耳は直ぐに痛くなってしまいます。

なので帽子単体しか持っていない場合は耳あてやマフラーが必要になってきますね。

次は靴 靴下ですが、靴は足首が隠れるものを選んであげてください。

足首が冷えると体に良くないので、なるべく長いものを。

そして靴ですが、まあもちろんですがスノーブーツです。

かわいいキャラクター物でもいいですし、機能にこだわって選ぶのもいいと思います。

防水加工と、靴の内側が暖かくなっているものなら特に問題はありませんが

寒冷地ですと靴裏にスパイクのような刃がついているものを選ぶことが多いようです。

雪はそこまで滑らないのですが凍ってしまった地面はかなり滑ります。

刃があるかないかで転ぶ確率がかなり変わるので、もし余裕があれば刃がついているものを選んであげましょう!

手袋はお子さんの年齢によって五本指でもいいですし、一歩指でもいいです。

毛糸の手袋は雪がくっついてしまうので出来れば防水加工のナイロンがいいと思います。

普段使いと雪の時と分けるのもいいと思いますよ。

まとめ

雪遊びは思う存分させてあげたいものですが、防寒対策をしっかりしておかないと風邪をひいてしまいますので、そこはしっかりやってあげたい部分ですよね。

サイズが変わってしまうので毎年新品…は大変かもしれませんが、中古でも売っていますので是非お得に賢く選んであげてくださいね!

子供とお出かけ 子供が喜ぶ場所を年齢別に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です