子育てと仕事の両立をさせるための在宅ワークのメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活費が足りない…今月もピンチ…でも外で働くのは子供が小さいし…

そんなお母さんは多いと思います。

子供のために貯蓄もしたいし、急な出費も怖いですよね。

でも外で雇われて働くとなれば、子供を預けないといけません。

ちょっとのパートだと保育園代の方が高くなってしまう場合もありますし、何より子供が小さいうちは体調をすぐに崩したりして仕事を休まなければいけなくなることも多いです。

私も一歳から預けていましたが、予想よりはるかに休まざるを得ない状況でした。

またお迎え

なんて言われることが多く、人間関係もギスギスしてしまい結局辞めてしまいました。

産後に復帰する職場がある方はいいと思うのですが、一から探すとなると子供が小さいうちは雇ってもらえるところも多くありません。

そんなお母さんたちに最近注目を集めているのが在宅ワークです。

家で出来る仕事ですからお子さんを預けなくても可能ですし、熱を出した時なども時間をずらして仕事をする。

そんな生活ができる在宅ワークを紹介します。

スポンサードリンク

定番の内職

内職は昔から一定数求人がありますよね。

どれもそんなに高単価ではありませんが、少しでも足しにしたい!お母さんにはオススメです。

よく、入会料やテキスト料などが必要となる求人がネットに出ていますが、これは怪しさ満点です。

なぜこれから仕事をするのに入会金がいるのかわかりません。

特殊な内職などではあることかもしれませんが…

ですが詐欺の場合があるとも聞きますし、元手で大金なんておかしい話ですよね。

ですからやはり、きちんとした求人から応募するべきでしょう。

ハローワークや新聞広告 フリーペーパーにも求人コーナーがあって載っています。

内職の求人はめったに出てこないので、見つけたら早めに問い合わせてみましょう!

工場の部品を作る内職や裁縫、造花作りなどの内職が多いですね。

コツコツ続けられるお母さんにはオススメですね。

でも納期が結構厳しいようで大変…との声も聞きます。

それと作成した商品などを保管しておく場所も確保しないといけません。

割りに合っているかは別として少しでも足しになれば!と思う方は挑戦してみましょう!

パソコンで仕事しよう!

最近注目なのがこのパソコンで仕事が探せる、仕事ができる内職です。

フリーランスと言うようですね。

クラウドワークスやランサーズが有名ですね。

仕事内容はたくさんの求人が出ていますので自分に合った仕事を探して自分で挑戦できるのはいい事ですね。

タスク形式や長期契約など形は様々です。

記事を書いたり、ネットショップの運営代行をしたり、スキルがある人は開発を手伝ったりと自分のできることが多い分チャンスも多いですね。

余裕がある時期にパソコン教室に通ってスキルを身につけたりして徐々に仕事の幅を広げていく方法もありますね。

パソコンがあればできる仕事は多いので羨ましいですね。

これからの時代はこういった形が増えていくと思いますのでパソコンは使えるに越したことはありませんね。

在宅には違いありませんが、テレオペなどの仕事もあります。

電話対応が主になるので子供がいると出来ませんが、こんな働き方もあるようです。

有名所だとアップルや楽天の求人を見たことがあります。

時給制の仕事も増えてきているようですね。

在宅のメリットとデメリット

在宅ワークと言ってももちろんメリットとデメリットがあります。

メリットとしては家で出来るので子供がいても可能な事。

風邪を引いた時も仕事を休まなくてもいい事。ですね

まあこのメリットが大きいのでお母さん方に人気みたいですね。

人間関係も煩わしくないですし、気も使いません。

家で時間とスペースさえ確保出来ればオススメです。

デメリットとしては、単価が安かったり納期に追われたりする事ですね。

間に合わない時は旦那さんの手伝ってもらうこともあると思います。

でも、例えば保育園に預けた場合はだいたい2万円ほど保育料がかかるとして計算するとパート代を差し引いても手元に残るのはそんなに多くないです。

それに加えて自分の疲れや人間関係のトラブルなどでストレスがかかります。

在宅のメリットはそれがない事ですね。

小さいうちは家でみてあげたいお母さんにはオススメですね。

まとめ

家で仕事ができたら…と思う事はお母さんであれば一度は考えた事があると思います。

私も在宅で仕事をしていますが、自分の時間も取れるようになりましたし子供と過ごす時間も増えました。

熱を出したり感染症にかかった時も自宅で休ませながら夜に仕事をしたり、休ませている間に仕事をしたり…

働きに出るよりも充実しています。

お子さんが小さいから…と諦めずに、挑戦してみるといいと思います。

やってみてどうしても合わなければまた考え直せますし

条件を変えて探すこともできます。

家庭の状況にもよると思いますが、旦那さんと相談してちょっとずつでも挑戦してみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする